FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れて恋焦がれて・・・

2013.09.17
最近ものすごくお気に入りのTV番組があって、わざわざ予約録画してまで見ているというはまりかたである!
NHK・BSプレミアムの『BS歴史館』、Eテレの『2355』『0655』『デザインあ』。
なんだかすごく気の利いた番組作りをされていて、すぐ&また見たくなる。

また他にも、『テストの花道』や『Rの法則』『美の壺』『ピタゴラスイッチ』など他にもよくできてるなあ・・・とついつい見てしまう番組が多いのがNHK!

(世間的には、NHK、キライ!という人が多いらしいけど、私はすごく頑張ってると思う。いつぞや美輪明宏さんが、NHK全部の放送でたいていのことは間に合うわよ!と豪語されていたが、確かにそうだと思う。)

そんな中、最近読んだ本ととても関連した内容のことを『BS歴史館』『2355』でやってて、思わず「おっ!」と感激してしまった。

いきなりだが、私は根っからの文系人間。科学・数学は敵だ!とばかりに、避けて通れるものならそうあってほしいし、それらの問題を解け、とか、この計算を暗算で・・・、とか、中学の数学でさえ現役を離れて久しいので、もう全くのお手上げ状態。
数字の羅列なんか見たくない!!

とまあ、昔から苦手意識がひどい分野の理数系。
ただ・・・もし、理数系が得意だったらいいなあ・・・とか、もし時間があってじっくりしっかり勉強できるなら理解したいとは思っているのだ。
そして、そんなチョー難しい理数系をスラスラと解ける人を見ると、それはもう、尊敬のまなざしだ。
すっごい憧れる。私もわかりたい。理解したい。

そんな私とおんなじ主人公が出てくるのが、第2回ポプラ社小説新人賞を受賞した『お任せ!数学屋さん』だ!
あの『KAGEROU』齋藤智裕(水嶋ヒロ)著 を世に出したポプラ社小説大賞の後継の文芸賞で、新人発掘が目的の賞となっている。

お任せ!  数学屋さん (一般書)お任せ! 数学屋さん (一般書)
(2013/06/11)
向井 湘吾

商品詳細を見る


この作品に出てくるのが、素数の話。
(まあ、他にもいろいろ中学で学ぶ数式とか論理とか出てくるけどね・・・)
読んでて、そういう数式を必死で理解しようと頑張っちゃうのだ。主人公とともに。

以前『博士の愛した数式』(小川洋子 著)にも出てきたけど、その素数って本当に奥が深いのね。

で・・・・『2355』で素数の歌が出てくる。素数を簡単に(ホントかっ!?)見つける法則を歌にした『エラトステネスの篩(ふるい)』がそれ。
念のため、これまた根っからの理系人間であるまめおに、素数のことを聞いてみると、まさにこの歌の始まる前の素数の定理の説明と同じことを口にするので親でも「ほほお~~@@」と感心してしまうのである。

なんとな~くわかるけど、よくはわからない。それが数学。

でももしかしたら、昔の日本人、というか本来、日本人は数学が得意だったのかしら?と認識してしまったのが、『BS歴史館』で取り上げられた江戸時代の、算聖と呼ばれた関孝和の回。
江戸時代では武士から庶民まで和算で実力を競い合うゲームみたいなことが大いに流行ったらしい。
12歳の男の子が書いたと言われる絵馬の図形は、かなり高度の算学だった。

だからという訳ではないけれど、毛嫌いせずに頑張って学ぼうという意識があれば、こんな私でも数学のなんたるやを理解できるのかもしれない。

なんだか、『お任せ!数学屋さん』を読んでいて、「ああ~、私はやっぱり数学を好きになりたい、という気持ちはすごく持ってるんだなあ・・・」って、ちょっと恋にも似た憧れを数学に抱いていることに気が付いたのだった。

・・・・・・・でも、棚上げして、すぐにはやんないけどね~・・・(ーー;)だめじゃん!

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

こんばんは♪

「関孝和」・・・上毛かるたで名前だけは知ってます。堀越二郎と同じく、藤岡市の生まれだとか…そんな偉大な数学者が郷土におられたのに、私も数学は大の苦手で、サインコサインなんじゃイン?の世界でした。
でも、国語などと違って数式に当てはめさえすればきっちり答えが出るって、すごくいいですよね。そういう意味で憧れます。
憧れるけど、手が出ません・・・・('_')

こんにちは!
この本、読んでみたいです!
表紙も可愛らしくて良いですねー。

わたしも高校生のときに数学は面倒だと思って、自分は文系だと信じたのですが、結果的に、社会科科目が全部不得意でした。
あのときに根性があれば…?
今さら遅いですけど。

今日、本屋さんで見つけて、思わず買っちゃいました~♪
きのうの夜には偶然「2355」も見ちゃいました♪

こちらを訪問した途端に縁がありました。

>モモさん
お返事が遅くなってしまいました<m(__)m>
関孝和は郷土の偉人ですか!?すごい方がいらっしゃったんですね~。
海外ではその道の方々にとっては、超有名な数学者として尊敬されているそうで、日本人がニュートンは知っててこの人をあまり知らないってどうなのか!?って思いましたね。
もっと教科書に載せてくれてもいいのにね。
私も憧れがあるんですけど、脳みそに問題が・・・(^_^;)
なんとか食らいつこうとするのですが、途中から挫折してしまいます><

(な)さん
あら!すごい出会いですね^^
作者は数学オリンピックにも出たことがある、まさに数学オタクのような方みたいですね。
でも数学だけでなく、こうやって文章もちゃんと書けるところが超人ですよね。
凡人にはマネできない部分です。
「2355」も「0655」も癒されますでしょう?
たまにやる、爆笑問題のちょっとした豆知識も「へえ~~、なるほど~」と為になりますよ。
最近、ホントにEテレにはまってます。

私も理数人間になりたかった

ひろのしんさん、こんばんは。


NHKの番組って、私も結構好きです。
うるさい民放見るより落ち着くし、なるほどね〜と、うなずく内容も多々ありますよね。
先日は、宇宙の謎を数式で解き明かそうとする科学者達の番組を見入ってしまいました。
書いてある数式の意味はちんぷんかんぷんでしたが、こんな事をず〜っっっと考えてる人達がいる事にすごく興味が湧いてしまいました。

自分を振り返ると、中2までは数学の勉強の仕方がわからず、いつも平均点辺りをえっちらおっちら。
中3で受験勉強本腰入れる時期に、良い先生に巡り会えて、一気に数学大好きになりました。^_^
全科目の中でも1番得意になったので、どんだけ教える人の力で人は変われるか?身を持って体験しちゃいました。

ところが高校で微分積分の時、インフルエンザで長期欠席してたら、まったくの浦島太郎になってしまい、とうとう理数分野からの若すぎる引退を宣言する事になりました。

予防接種しとけば良かったかな??
(^^;;

>primveraさん
あ~!^^その番組、私も見ました。
というか、最初の部分だけ・・・(^_^;)
やはりめんどくさい内容についていけなくなり、途中で断念><
しかし、主人とまめおは最後まで見ていました。
でも終わってから、内容が理解できたか聞いてみると、数式やら細かいことはやはり難しすぎてさっぱりわかんなかったみたい(^_^;)(^_^;)
でもその科学者たちの熱意をずっと観察していられたのは、私よりは興味をひかれる部分が大きかったんでしょうね。

あら~~、微分積分と聞いて「うっ!!」っと急に苦手な感情が湧き出てきますね。
教えてくれる人物で左右されるのはもっともですね。
私にももっとわかりやすく教えてくれる先生が存在していたなら・・・と、自分の努力のなさは棚にはあげてしまいますけどぉ・・・やはり残念に思いますよね~。
自動車教習所で難しい坂道発進の回を、当時教え方がうまいと評判の先生についたら、一発合格でしたもん♪やはり関係性は大いにありますよ!!

追伸

ひろのしんさん、再びこちらにおじゃまします。

そういえば、「博士の愛した数式」って、ユノ君の愛読書だったのを思い出しました。
私はまだ読んでいないので、これから探してみようかしら。

・・・で、ひろしのしんさんのブログの読者さんに「モモ」さんがいらっしゃるなんて、
映画「黄金を抱いて翔べ」チャンミン君の役名と同じですね。

こんな私はやはり病気でしょうか。^^;

>primaveraさん
すみません!こちらにもコメントいただいてたんですね。
気づくのが遅くなりました><
「博士の愛した数式」ですね。原作も読みましたし、映画のほうも見ましたよ。
記憶がほんのすこししか残らなくて、家政婦さんとしては本当に大変だと思います。
でも、それでも交流が生まれて、息子の頭の形から博士が「ルート」と呼ぶところなんかおもしろいなあと思います。
この本でも素数とか、その他の数学の話が出てきますよね。ユノの愛読書なんですね^^
ぜひぜひ、お読みください。
チャンミンの役名が「モモ」?ごめんなさい、この映画は見てなくて。
こちらに来てくださるモモさんとは長いお付き合いをさせていただいてるんですが、韓流でも話が合うお方です。ただし、今はJYJのファンみたいですよん♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。