スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過酷

2013.05.07
大型連休が終わってしまいました。
今年はけっこうちょこちょことお休みがいただけて、子どもの日には家族みんなで、大分・九重の久住山に登ってきました。

全員で登山はちょっと久しぶり^^
たまにしかウォーキングに行けない私、本人自身もかなり久しぶりの登山である主人、インドア派で、今の学校になってすっかり運動不足が定着したまめお、一番現役と言える年齢だが運動部はもってのほかのまめぞう。

全員心配の種をかかえての無謀ともいえる登山です。

いやあ~・・・参りました!!(T_T)
割と初心者でも子供でも登りやすいと評判の久住山です。
前回もすんなり登ったはず・・・かれこれ10年近く経つということを頭に入れていない!!・・・と、甘く見ていた私たち。

折しもお天気続きで行楽日和なのはけっこうなことでしたが、乾燥しすぎて、ごろごろとした石ばかりの足元が滑りやすくなっているので、ますます慣れない足に力が入り、今も筋肉痛が甚だしい。
殊に、下りは段差が膝に衝撃が来やすく、「グルコサミンが足りない~~><」と完全に悲鳴をあげていました。

急な下りに、本来かなり怖がりのまめぞうは、腰が引けてしまって見るも恥ずかしく情けない格好で降りる始末。あまりにひどい有様なので、詳しく書くのも躊躇してしまいます(T_T)

主人も腰と足にきていて、かなりきつそうな様子。

結局一番元気だったのはまめおでした。
でも前日、学校のリレー競技で転んだらしく、その時の打ち身と太もものこわばりが痛いと弱音を吐いていましたが。

翌日足の痛さを訴えたのは、私と、意外やまめぞう。
現役のくせに・・・なんだよ!!


でも、お天気も良く、頂上からみる空の青さといったら・・・!
(しかし、以前からの黄砂とPM2.5のせいでしょうか、大気には低いところに層ができていて、見通しが悪いところもあって残念・・・)
登山客もすごく多くて、狭い頂上は人であふれかえっていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(本州の高い山では悲劇が起こっているとのこと。
やはり自然は厳しく、人間はちっぽけな生き物。無理は禁物ですね。
無念にもお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。)

テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

コメント

ご家族で登山、いいですねえ。
わたしの友人にも、家族で(お子さんが男の子2人です。ひろのしんさんと同じですね!)登りに行っている方がいます。年賀状に写真があって、いつも羨ましく思っています。
我が家は・・・・そういえば、スキーには行くのですけど、子どもたちが写真に応じてくれません(涙)。

でも、登山って、下りの方がキツイのですね。
中学のころまでは、遠足で山登りというのがたくさんありましたが、最後に登ったのは高1の尾瀬かな・・・?何十年前!?
今やったら筋肉痛だけでは済まない気がします。

ひろのしんさん、すごいです。

>(な)さん
こんばんは^^
いやいや、全然すごくなんかないですよ(^_^;)
翌日、翌々日、もっと太腿の筋肉が痛くて泣きました・・・
階段上がるのも、「痛い~・・・」と悲鳴あげながらですから。
運動不足も甚だしいですよね><

ご家族でスキー、これもまた素敵ですよね。
九州にも数か所スキー場はあるんですが、アウドドア派かスキー大好き人間ならまだしも、インドア派家族は、スキーしに行こうという考え自体がまず出てこないですからね^^;
でもこんな私でも、独身時代に一度だけスキーやったことありますよ。
それも本場・東北の安比高原ですから、無謀ですね・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。