スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ネタバレ注意!)RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)

2013.01.16
RDG6 レッドデータガール    星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2012/11/28)
荻原 規子

商品詳細を見る


大好きなこのシリーズ、とうとう完結してしまいました><
この巻が最終巻です。
世界遺産に認定される少女・・・なんて、ものすごく大胆・突飛な、でも斬新で興味深々なテーマですごく楽しめました。
和風ファンタジーです。古代から土着的に日本につづく宗教をモチーフにしてありますが、きわめて現代的でもあります。そして、民俗風習を根として広がった陰陽道・山伏など、今では民衆には忘れ去られてしまった奥深く日本人の中に息づくものを、熱心に下調べをされて挑まれた物語は、中学から高校へと成長していく登場人物の心の動きもあわせて読ませてくれ、毎回ワクワクドキドキしながら読みました。

また個人的には好みの登場人物ばかり。
主人公の泉水子ちゃんは、誰も勝てない特殊能力の持ち主だというのに、本人の持って生まれた引っ込み思案な性格ゆえ、おどおどしてて消極的なところは、時にはもどかしくイラつかせますが、割と自分に近い部分もあり、共感できてしまうので逆に好きなキャラクターです。
でも、次第に自分に自信がでてきて、その能力をきちんと発揮できるまでになるんだけど、まだまだ未完成ってところが好感持てます。

そしてイケメンがいっぱい出てくるところは、作者も好みなんでしょうか^^
私も嫌いではありません。かえって、読んでいて想像が膨らんでくるので、夢心地で読んでしまいます^m^
深行くんは、和泉子ちゃんを守っていくと定められた運命の持ち主。
でも、まだ幼かった頃はやはり反発心のほうがつよかったけど、こちらも次第におかれている状況が半端なく危うく、泉水子とこの世界の平和に関わる人生なのだと悟っていくうちに大人になっていくのね~。
でもって、頭もいいからこちらのほうが泉水子ちゃんより断然大人です。
頼れる男子!で頼もしい限り。

で、いろいろ事件が起こる高校生活では、泉水子ちゃんを常に守ってきた山伏の世界だけでなく、陰陽師・戸隠忍者・霊界・キリスト教会などから様々な人々が近寄ってきます。

この巻は、一大クライマックスが終わったところから始まるので、いったいどうやって終わらせるのかな~?と思っていたら、いやあ・・・最後の最後にまで読者を安心させないというか、飽きさせないというか、え?え?・・・どうなっちゃうの?とハラハラでした。

で、本当の最後に残されていたお楽しみが、たったの2~3行でさら~っとおさめられて、余韻を残したままにエンドとなりました(#^.^#)

でも、今後の泉水子ちゃんや深行、そしてお父さんの大成さん(あまり登場してないのよね)とか、もっと活躍できそうなので、もう少ししたらまた新シリーズでお会いしたいです。


baraline.gif

うえ~~ん(T_T)(T_T)(T_T)
とうとうこうなってしまった・・・アニメ化決定!><(←動画もありですが・・・う~~ん・・・放送局はどこかまだ決まってないみたいね。気になる・・・)

泉水子ちゃん、違う~~!
深行くん、微妙・・・
こうなることはもちろん想定内でしたが、やはり想像だけの世界にしてほしかった~・・・(脱力)

テーマ : YA(ヤング・アダルト)
ジャンル : 本・雑誌

コメント

そうなんですよね! 完結なんですよね!
4巻から読んでいないのですけど・・・・・全巻買うべきか悩んでいます。
読むなら一気に読みたいなあ・・・。

アニメ化は友人から秋に聞きました。
でも、酒井駒子さんの絵でイメージが出来上がっているので、恐ろしくてサイトを見に行くこともしていません。
深行くんの声も聞きたくないです~。

>(な)さん
こんばんは。
RDGの世界に浸りすぎて、なかなか抜け切れないでいます。
だから他の本が手につかないというか・・・^^;
私はすべてを図書館の本で読んでしまいましたが、文庫本が出るということで、おまけに表紙もそのまま酒井駒子さんということで、文庫本を全部そろえることにしました。
今、第4巻まで出ていますね。
全部そろったら、最近ラノベに夢中になってるまめたちに読ませてやろうかと・・・。

アニメ・・・公式サイトを本文中にリンクさせてますが、そういうことでしたらクリックしない方がいいですね。
私は気になってつい行ってみてしまいました><
泉水子ちゃんはやはり駒子さんのあの絵でないと、ねえ・・・。
深行くんにいたっては、どの絵でも声でも拒否しちゃうかも!
まだ深行くんの声優さん、決まってないみたいです。うう~~・・・
そうですか・・・秋からもう。
文庫本発売決定の宣伝動画でも、深行くんの顔は出てこなかったのに!!(;_;

私も大好きです♪

私も文庫本最新刊4巻買いました!
荻原規子さんの描く登場人物ってすごく魅力的ですよね。
確かにイケメンの比率も高いですし(笑)
山伏や陰陽道、日本の神々については以前から興味のある分野なのでこういう物語大好きなんです。
泉水子ちゃんと深雪くんのコンビもいいですし(読者の視点で見るとイライラしちゃいますがそこがまたいい☆)
アニメ化はサイトもチェックしていますが、やっぱりイメージが違う~(泣)
私は文庫本で読んでいるので結末が楽しみです♪
まめぞうくんの神楽舞、思わず泉水子ちゃんとイメージが重なってしまいましたよ(苦笑)
そういう文化を身をもって体験するっていいですね。

>ホークさん
こんばんは。
やはり文庫本買われましたか!
他の文庫シリーズも、アニメ化に合わせて出るようですので表紙がどうも違うようです。(アニメの絵ですか)
私は酒井駒子さんの絵でないとダメ!
最初文庫本が出ると知ったときは表紙が心配でしたが、はじめ出たものは同じだったので安堵しましたよ^^
うふふ~^m^・・・まめぞうたちが舞うのはすごく簡略化されたもので、しかも男神楽。
女の子が踊る巫女の舞というのもあるので、どちらかというとそっちが泉水子ちゃんの舞に近いかも。でもこれも簡単な舞なのですぐに覚えられるようです^^;
泉水子ちゃんの舞は、きっと厳かな難しい舞なんでしょうね。
知らないけど・・・物語だし・・・(^_^.)

深行との仲は、ふふふ・・・いいですよね~♪あんな感じ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。