スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるぼくら

2013.01.11
生きるぼくら生きるぼくら
(2012/09/13)
原田マハ

商品詳細を見る


ある書評を読んで、とても気になって読んでみた本です。
そしてやはり正解でした!
って、こういう正解とかいう言い方はあてはまらないかもしれないけど。

今の日本で問題になっているあれやこれやを1冊に凝縮したというか、よくぞできたというか、さすがだなって思いました。

いじめにはじまり、離婚、引きこもり、母子家庭、独居老人、介護問題、就農者減少、離村、就活問題、認知症など、これらがぜ~んぶ入ってしまってるんですよ!
それを、さらりと読ませ、おまけに思わず感動で涙が出てくるほどのさわやかな読後感まで味わえるんです。
やはりすごいなあって感じます。

さすがに、いじめについて表現されている部分は、私にはフィクションとはいえきつかったけど。
でも実際にそういう目にあっている子どもたちは現実にいるわけで。

もちろんこの本の内容のように、うまく解決することは少ないと思うけど、「あ~・・・こういう風にみんなやれたらなあ・・・」なんて考えてしまう。

それから、お米を一から、それもすごく原始的なやり方で育てていくところを細かく書かれており、もちろん知らないこともあり勉強になりました。
田舎に生まれ育ち、今も故郷で暮らし続けていて、田んぼや畑や、農業で頑張っている人々を毎日目にしている私ですが、さて自分が農業にかかわったことはあったでしょうか?

おいしい新米を毎年いただける幸せ。
それをこの本を読むと、つくづく感じてしまいました。
そして、やたらとおにぎりが食べたくなります。
人の手で、愛する人のためにと、愛情込めて結んだ手で作られたおにぎり。
コンビニで買うおにぎりよりも、やっぱり目に見える誰かがにぎってくれたおにぎりのほうが絶対においしんですよ。梅干し入りのおにぎりがね。

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。