FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になった絵本たち

2012.11.21
最近手にして読んだ絵本をピックアップです。


小さなミンディの大かつやく小さなミンディの大かつやく
(2012/10)
エリック・A. キメル

商品詳細を見る


ユダヤ教の中の"ハヌカ"と呼ばれる行事を題材にした絵本です。
なじみがないので、知らないことが多いユダヤ教ですが、この絵本で垣間見ることができます。

ただし!ここにでてくる登場人物たちはとっても小さい人たち^^
教会の中に住んでいる小さな小さな人たちですが、暮らしぶりは人間とまったく同じです。
でも、その生活に必要なものは、人間の世界からちょっとだけ拝借するという、まるで「床下の小人たち」のようです。本当によく似てる!

で、その"ハヌカ"に必要なろうそくを、教会の奥の大切なものがおさめられている場所に行って取ってこなくてはいけないのですが、ねずみ対策に飼われ始めた猫の存在のおかげで、教会の小さな住人達に危険が及ぶのです。

お父さんが猫に襲われ、ボロボロになって帰ってきました!
でも"ハヌカ"のためにはどうしてもろうそくが必要です。
そこでナント!勇気ある女の子のミンディがその役目に名乗りを上げたのです!!
(おじいさんも手を挙げたのですが、「年だから」とおばあさんに止められてしまいました><)

いよいよミンディの冒険が始まるのです。
なんとかろうそくのある部屋にたどりつき、手に入れることに成功するのですが・・・!!


ハラハラ・ドキドキの冒険は、本当にアリエッティといっしょ。
おじいさんがいい味、出してますよ^^



ニブルとたいせつなきのみニブルとたいせつなきのみ
(2012/10)
ジーン・ジオン

商品詳細を見る


ジーン・ジオンとマーガレット・ブロイ・グレアムの手による絵本が、まだあったのですね!
これは10月に出たばかりの絵本です。
『どろんこハリー』で有名なふたりですが、ほかにもまだまだ未翻訳絵本があるのかしら??
(マックロスキーも、最近『あたまのないおとこ』という絵本が出て、「まだあったのか!?」とびっくりしたんですけどね^^;)

主人公ニブルはりすです。感謝祭のための木の実をおかあさんに見せられ、この木の実で遊んでいいかたずねます。とても大切な木の実だから気を付けるように言われたのですが、遊んでいる最中に見知らぬおとこ(りすです^^;)がやってきて、まんまといっぱい食わされて、大切な木の実をだまし取られてしまうのです。

お父さんが帰ってきて、感謝祭のごちそうがない一家は、外食をしにお店に向かいますが、そのお店のおすすめメニューが、ニブルが取られてしまった木の実とまったく同じ材料で作られていて・・・。

とまあ、やや突っ込みどころもあるお話なのですが、失敗した子どもを頭ごなしに叱らないおかあさんと、犯人をみつけたニブルのいてもたってもいられないところが、すごく共感もてます。

お店のことを「りすカフェ」とか、外食をする家族とか、なんだか今風な感じの内容で、ちょっと前のおはなしのはずなんだけど、翻訳の違いかしら・・・?『ハリー』とはまた違った雰囲気ですね。

サンタクロースはきっとくる (絵本・いつでもいっしょ)サンタクロースはきっとくる (絵本・いつでもいっしょ)
(2003/11)
薫 くみこ

商品詳細を見る


これは2001年、高島屋が出したクリスマスキャンペーンの小冊子に掲載されたものが、新たに絵本として出版されたものらしいです。

大人になると見えなくなってくるもの。
大人になると信じられなくなってしまうもの。
大人になると心に持たなくなってしまう夢。
そんな大人たちのさみしい心が作った空に浮かぶかげ・・・。

それらはひとつになって大きなかいぶつとなり、星たちの笑い声が金の粉となり雪ぐもにふった金色の雪をすべて吸い取ってしまうのです。

「サンタクロースなんていやしない・・・」

そんなささやきが、町中をおおいつくします。
輝きを失った雪の結晶がひとりの女の子の耳にはいりこみました。
女の子はその痛さに思わず耳をおさえました。

「私の耳から雪を取り出して!」
するといもうとが、「私がとってあげる」と細いちいさな指を姉の耳に入れると、とても不思議なことがおこりました・・・。

信じる心をけっして失わない幼い子どもたち。
大人の「そんな夢みたいなもの、いるわけがない!」という声にもものともせず、信じ続けるこころがやがて町に明るいともしびをあたえるのです。

そう・・・もう誰も「サンタクロースなんていやしない」なんてひとりもいなくなりました。

ほら!
シャンシャンシャン・・・・
トナカイの引くそりの音が、あなたにも聞こえるでしょう?


というわkで、どこか『急行 北極号』にも通じるクリスマスのお話です。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメント

あぁ、もうクリスマスかぁ~

こんにちは♪
『サンタクロースはきっとくる』、素敵なお話みたいですね!
”ハヌカ”という言葉も初めて聞きました。
教会に住む小さな人たちだなんて、本当に『床下の小人たち』みたい!
まだまだ知らない絵本がたくさんあってどの本も面白そう♪
私は先日『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社)という絵本に触発されて、ホットケーキを焼きました。
自分で絵本を読んだわけではなくて、『本屋さんで本当にあった心温まる物語』(あさ出版)という本の中で、子供の頃に買ってもらって大人になったいまでも覚えている本として紹介されていたんです。
そんな想い出の絵本があるって素敵ですよね。
ホットケーキは見事にコゲてしまいましたが(苦笑)

>ホークさん
こんにちは♪
レスが遅くなって申し訳ございません。
そう、もうこんな時期になってしまいました><
私は、桜の時期とクリスマスの時期になると、気持ちが焦ってきます。
「またこの時期が来た・・・1年が早すぎる!し残してきたことはないかしら・・・><;」とね。

ハヌカってよくわかりませんね・・・。あとでじっくり調べてみます。
このミンディの世界は、本当にアリエッティの世界と同じですよ。
家族や仲間が多いのは、ちょっと違いますが。
しろくまちゃんを読むと、誰しもホットケーキが作りたくなってきますよね^^
絵本も読んでみてください^^かわいいですよ。
おいしいホットケーキ、できたんじゃないですか?
コゲも愛嬌ですよ(^^)v

もうクリスマスシーズンなのですねー・・・。
イルミネーションのニュースも聞く季節ですが、なかなか見に行くことはできません。
子どもも大きくなってしまったけれど、今年はクリスマスツリーを出そうかな。

先日、『父さんの手紙はぜんぶおぼえた』を読みました。
たしか、こちらで紹介されていましたよね?
新聞でも紹介されていて、ひろのしんさんの選書眼を「さすが!」と思った記憶があります。

実際の手紙の美しさとお父さんの愛情がこもった内容に、逆に当時のユダヤの人々の辛い境遇を思い起こさせられました。
戦争が終わっても名前を元に戻さなかったということも、リーネケからはあの日々を消せないのだと伝わってきます。
それにしても、本当に美しい手紙です!

さて、もうすぐ12月。
高3の娘は受験まで2か月を切りました。
昨日、返ってきた模試の結果を見て、ふたりで「あはははは。」と笑ってしまいました。

 ↑ 

『父さんの手紙・・・』の本、
もしかして、ひろのしんさんのご紹介じゃなかったらゴメンナサイ!

>(な)さん
こんばんは♪
『父さんの手紙はぜんぶおぼえた』・・・ハイ!たしか(な)さんの掲示板でご紹介させていただきましたよ^^
綺麗な手紙ですよね。手書きだからこそのあの美しさだと思います。
それに、あの当時の思いや苦しいこと・つらいこともひっくるめての、愛情あふれる手紙だと思います。
でも彼らの、生きるか死ぬかの境遇に、手紙のやり取りをドキドキしながら読み進めました。
大事な大事な手紙を手元に残せない切なさ。
本当に過酷です。

「ひろのしんさんの選書眼を「さすが!」と思った」・・・いえいえ~(^_^.)、実は私も同僚に勧められて読んだクチですので。「いい本」って言われる本は、とりあえず読んでみて、本当に自分でも納得出来たら、私も他の人に勧めたいなと思ってます。
(な)さんも読んでくださって、そして感動してくださって嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。