スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑

2012.06.29
マサラ~♪
マイルド・マサラ

久々の更新です。おかげで、ブログ用にと撮りためていた写真画像の季節感が全くない(>_<)という残念な状態になってしまったのですが、めげずにアップしちゃいます。

これ、4月にこちらで販売されたものですが、年明けからマッ○で“McEXPO”というシリーズを売り出していたその第3弾で、インド風バーガーです。
あまりに前過ぎて、味忘れちゃったけど(^_^;)、たぶん美味しかったと思う・・・。


baraline.gif

さて、本題にうつります(#^.^#)
ゴールデンウィークに一家総出でおでかけした場所は、宮崎県・木城町の『木城えほんの郷』!

知る人ぞ知る、絵本のパラダイスみたいなところです。
隣の県なんですが、いやあ~遠かった!!
まっすぐ進むなら、山越えをしなければいけないので、九州自動車道をひたすら南に走りました。
鹿児島に入るか入らないかくらいのところから、今度は東へどんどん行く。
そして、途中から今度は北へとぐんぐんのぼる。
まあ、早い話がかなり遠回りしてるみたいですが、一般道路を山越えするのとあまり時間的には変わらないのです(T_T)
片道3時間ちょっとで着いたのですが・・・出立がお昼だったので(遅すぎ!!)、到着が閉館の1時間前(T_T)

先日の湯布院と違って、お天気がめっちゃよかったです!

IMG_1038.jpg

本当に田舎の山の中にあるので、アプローチはこんな風です。
地元の小学校を通り抜けるんですよ@@!
向かう道の途中も、「本当にあるのかな?」と疑いたくなりましたが、車を降りて『えほんの郷』のえほん館へ通じる道を通っていてもまだホント??と考えてしまうほどです。

でもでも・・・
IMG_1040.jpg
こんなかわいい看板がたっていて、「あっ!やっぱりえほんの郷だ!」と確信するのでした。

IMG_1039.jpg
ちょうど、この期間中は『11ぴきのねこ』シリーズの馬場のぼるさんの原画展をやっていて偶然にびっくり!
その数週間後に職場で、『11ぴきのねこ ふくろのなか』のイベントをする予定だったのです。
ラッキー!!と思いつつ、たった1時間の猶予しかないので、向かう足も急ぎ足に。

GW中でいろいろイベントが企画されていたのですが断念して、原画展を見て、上の階のえほんの部屋へ。
た~~~くさんの絵本があって、自由に読むことができます。
多くの親子連れが楽しんでいました。

ここは、コテージが敷地内に併設されていて、おそらくそこの宿泊客と思われる家族が、ゆったりと読書にいそしんでいらっしゃいました。
テラスには木のチェアが置かれ、小学生の女の子がゆったり座りこんで読書してるし、木陰でぼお~~っとしてる人もいたり。
あ~~、お泊りだったら、私たちもこんな風にゆったりできたのに・・・と残念でなりませんでした。
なんせ、閉館はどんどん近づいてくるので、絵本を手にとれども、じっくり読めず・・・(T_T)

ここ『木城えほんの郷』が独自に出版している絵本も多く、

にげだしたひげにげだしたひげ
(2003/01)
シビル・ウェッタシンハ

商品詳細を見る

この『にげだしたひげ』なんかもそうですが(もちろん購入しました^^)、それ以外にも今は入手困難な絶版ものなども数多く見られ、ホント、もうちょっと早く家を出てくれば良かった・・・と後悔。
今度はゆっくりできるように計画立てよう!

IMG_1034.jpg
この建物はカフェと本屋がいっしょになっていますが、もう終わってて入れず><;

IMG_1035.jpg
木の塀がいちいちかわいいでしょう?

IMG_1036.jpg

木々がいっぱいなので、木陰がすごくいい感じでした。

帰りは高速には乗らず、一般道を北上、右手に太平洋を時々見ながら、神々のおわす高千穂を通って家路につきました。帰り着いたのは夜の10時ごろ。
いやあ~・・・疲れたけど、楽しかった。
(ほとんど車中の旅・・・エコノミー症候群にならなくてよかった~~><;)

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメント

素敵なドライブ

ひろんしんさん、お久しぶりです!

前記事の由布院の旅館も、今回の絵本の郷も新緑が目に爽やかで清々しいです。

お昼過ぎの出発はちょっと強行軍だったかもしれませんが、閉館1時間前に到着できて何よりでしたね。
お目当ての絵本をゲットでき、職場のイベントの心の準備もできましたね。

私のエリアでは、昔山梨県だったか長野県だったか?忘れてしまいましたが、
絵本の館にいった事があります。
とっても懐かしく思い出されました。

そうそう、最近お友達のお母様が絵本を出版した事も思い出しました。
”THE FABULOUS FOUR LITTLE TURTLES AND THE TREASURE”
っていうんです。

とてもかわいいイラストなので、購入してみようと思っています。

> primavera さん
こんにちは!
ファンミでお疲れのところコメントありがとうございます♪
そちらから行ける範囲内には、多くのえほん美術館と呼ばれるところが多く点在しますよね。
とてもうらやましいです。
お近くでは鎌倉に、熊本出身の葉祥明えほん美術館があったと思います。
熊本・阿蘇の葉祥明の美術館とは趣が違うのではないでしょうか。

お友達のお母様が絵本を出版!?
すごいですね@@
もしやアメリカの?ではまだ翻訳本は出てないのかな?
・・・・と、ちょっと検索してみたら確かにまだ翻訳されているようではなさそうですね。
ドロシーさん・・・っておっしゃるんですか?
アマゾンでは評価が高いようですね^^
アフリカの言語がところどころに使われているのかな?
ちょっと興味深いですね~~。
赤ちゃん絵本の中にも、アフリカの言語を使ったものがあるんですが、言葉を覚える前の赤ちゃんにはその響きがとても脳を刺激するみたいですよ^^




こんばんは!

いいですね♪
インド風バーガーも食べたことがないのでとっても興味がありますが、やっぱり絵本の郷が素敵です☆
森の中のコテージに泊まれて、本屋さんとコーヒー屋さんが近くにあって(閉まっていて残念でしたね)、絵本館ではテラスでゆったり本が読める場所まであるなんて!
車で3時間とはご苦労様でしたが、行くだけの価値はありそうですね。
何より環境が緑豊かで理想的です♪
私も探している絶版絵本があるんですよね~
そんな素敵な場所で自分の好きな絵本を探しながらゆっくり一日過ごしたいなぁ。

>ホークさん
こんばんは。
インド風バーガー・・・正確には「マイルド・マサラ」と「ゴールド・マサラ」の2種類あり、「ゴールド・・・」の方がピリ辛みたいでした。
私は「マイルド・・・」しか食べてないので・・・よくわかりませんが^^;

コテージに泊まって、の~んびりゆったり絵本を読んでいたいですよね。
なかなか遠くて、気軽には行けませんが、いいところでした。
また行ってみたいです。

お久しぶりです。

木城えほんの郷・・・行ってみたいです~!

わたし、『にげだしたひげ』がウェッタシンハさんの絵本の中で、一番好きなのです。
あのナンセンス感とのんきな雰囲気が楽しいですよね?

来月、友人たちとのグループでおはなし会を開くことになり、先週、選書(兼お茶会)をしてきました。
食べもの系のおはなしを集めようということになり、ストーリーテリングを担当するメンバーは「だんごどっこいしょ」と「みょうがやど」を候補に持ってきました。
はじめは、みんなに馴染みのある「だんご」に決めたのですが、ためしに読んでもらったところ、夫が妻を殴るという場面に全員が違和感を覚え、最終的に「みょうが」の方に決まりました。

昔はそれほど気にならなかった(面白いとさえ思われていた)昔話の場面も、時代の移り変わりとともに、受け取る側の気持ちが変わってくるのだなあと、感慨深い経験でした。
去年は放射能に敏感な方に配慮して、落ち葉遊びの絵本をボツにしたりもしました。
そんなことを積み重ねながら、こうやって意見を言い合える仲間がいることがありがたいなあ、と思ったりしました。
(自分のはなしばっかりですみません!)

ニュース番組の映像が…
ご無事でいらっしゃるでしょうか…

ひろのしんさん、お久しぶりです。
そちらでの豪雨災害、わたしも気になってのぞきにきました。
どうぞ、気をつけてお過ごしくださいね。


木城えほんの郷、一度は行ってみたいところです。
そんなに遠くなんですね!
わたしも、「にげだしたひげ」大好きなんです☆

>(な)さん
こんばんは。
お返事が遅くなってしまいすみません。
「にげだしたひげ」は小学校におすすめ本としても紹介してきましたよ^^
おもしろいお話ですよね。

読み聞かせの選書は私もいつも悩みます。
最近は図書館でのおはなし会も、時々ですがやるようになったので、学校以上に緊張します。
子供たちだけでなく、その親など家族もいっしょに聞いていかれるし、その聞くときのまなざしたるや、子供たち以上にプレッシャーを感じます。
日々勉強ですよ(^_^;)
(な)さんも、相変わらず精力的に活動されているようで、夢に近づけるよう頑張ってくださいね^^

>史さん
こんばんは。
ご無沙汰してます。それにご心配いただきありがとうございます。
我が家の地域は幸いにも被害が出るようなことにはなりませんでした。
確かにあの日は、夜中から雷と大雨がひっきりなしですごかったのですが、地元の中学校は授業やりました。
ただ、高校はニュースにも出た白川を渡っていかないといけないし、JRで通う生徒が足止めをくらって休校になりました。
去年の3月と同じで、水の脅威にまたまた驚かされました。
本当に怖いですね!

>琴子さん
こんばんは。
ご心配ありがとうございます。
上にも書きましたが、何とか無事でした。
阿蘇の大水が南阿蘇を通ってきたのならば、我が家のある地域もわからなかったですね。
ただ、我が家はその中でも高台にあるので、下からの水の心配はないのですが、家の後方は山もありますし、もしもがけ崩れとか起こしたら・・・?とは考えて少しハラハラしました。
これから、まだ梅雨はあけてないし台風も来るでしょうから、まだまだ油断できないです。

「木城えほんの郷」、のんびりしたいいところでしたよ。
琴子さんたちでしたら、お泊りですね。
絵本の部屋の、まあ~充実したことといったら・・・^^
ほしい絶版本がたくさんありました><
九州横断道を今工事中ですので、それが完成したら早く行けるようになるとは思いますが。
いつごろかまだはっきりしません^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。