FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デマ

2012.03.15
学生時に講義を受けた情報学の中で、“デマ”について書かれていた項がありました。
いわゆる虚偽の情報の怖さやなぜデマが発生するかとかの内容だったと思いますが、ウン十年前の勉強なので、細かいことは忘れてしまいました><;

とにかく、人の口伝えって枝葉がつきすぎたり、逆にそぎ落とされたりしてしまったりで、元情報とは似ても似つかない内容になってしまいがち。
伝言ゲームがそのいい例で、以前よくTV番組のゲームに使われたりしていましたね。

でも公的な情報にとって、これほどやっかいなものはありません。
特に、災害時におけるデマは絶対にあってはならないものです。もっとも、原発事故で流れた情報の信ぴょう性は、意図的なものあったり、大元の政府・国、現場のはちゃめちゃな状況により、かなり疑わしいものではありましたが。


3びきのうさぎ3びきのうさぎ
(2011/11)
ゼルク ゾルターン

商品詳細を見る



こちらの絵本は、まさに伝言があっというまにいろいろ付け足されたり、大幅に誇張されたりと、最初の情報からかなりかけ離れたことが伝わっていくというブラックユーモアなおはなし。
もちろん、安心して楽しめるゆかいなおはなしです。

読んでいるこっちは、ゆかいでおもしろいおはなしですが、確かに出てくる動物たちにとっては命にかかわる大変な情報です。
そんな命を脅かされるという恐怖が、かえって気持ちを高ぶらせ、正確な情報を咀嚼することができず、オーバーな表現になって伝わっていってしまうんでしょうね。

震災時、携帯メールでチェーンメールのことが大々的に報じられました。
まめおにも私にもやはり届きました。親しい人からそれぞれ届いたものでしたが、どちらも不安・恐怖・心配をいっぱい抱えて、何も知らずに送ってしまったメールでしょうが、チェーンメールとデマの怖さをよく知っているので、まめおはそのままストップさせ、私は送り主にやんわり指摘してあげました。


絵本については、子供たちもきっと楽しく読んだり聞いたりしてくれるいい本なので、もし見かけたら手に取ってみてくださいね。
絵がまたかわいくて、いい味出してます。
東欧(ハンガリーの絵本です)らしい絵柄です。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。