スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気を出して

2011.03.28
このたびの震災と津波、そしてそれに伴う原発事故による被害にあわれ、お亡くなりになられた方々のお悔やみと、避難生活を余儀なくされていらっしゃる皆様へお見舞い申しあげます。


まだまだ予断を許さない日々が続いていますが、いつかは必ず明るく笑える日がくることを祈り、まずは西日本に暮らす私たちが元気に前向きに生きていく事が、被災者の皆様の励みに少しでもなれば幸いです。


中には志半ばにして亡くなった子どもたち、避難生活で満足に学校へ通えないまま春休みに突入してしまった子どもたち、卒業式や入学式も満足にやってもらえない状況にある子どもたちがかなりいると思います。
とても無念だと思います。
子どもを持つ親として、とても心が痛いです。


今、日本国中がひとつになろうとしています。
不自由なく暮らしている西日本に住む私たちですが、少しでもみなさんのお役に立てれば・・・と、少しずつですが何かしら支援もしくは援助と言えるものに参加される人々が増えています。
地元の新聞でもさまざまな形で支援の輪が広がっていることを報道しています。
一つの県で毎日紙面に掲載されている支援、それが東日本以外の日本の3分の2の県で同じようなことが起きていれば、とても大きな力となって被災地の皆様のところに届くはずです。


日本って、すごい国だと思います。
いざとなったらきっと素晴らしい力が発揮できる国だと思います。
そんな国で育つ子どもたちに明るい希望のともし火が照らされ続けること願って・・・


早く日本全国のすべての子どもたちの笑顔が見られたら・・・

テーマ : 東北関東大震災
ジャンル : ブログ

コメント

ひろのしんさん、おはようございます♪
ひろのしんさんのおっしゃる通りですよね。まさに、「一隅を照らす」の拡大バージョンかな?と思っております。一人ひとりがまわりを少しずつでも明るくし、元気にし助け合っていけばいつか日本中が明るく元気になるものと信じています。

>モモさん
こんばんは。
また昨夜大きい余震が起きて、新たな被害が出たそうですね。
本当に、今回の大地震が半端じゃないことがわかります。やっと復旧し始めたところに、追い討ちをかけるような余震・・・。
被災地の方々を思うと、胸が痛くなります。
私も出来る限りの支援をしているつもりですが、早く穏やかな日々が来ることを切実に希望します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。