スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイジュツの秋、スポーツの秋

2010.10.27
まめたちは幸か不幸か親に似てインドア派。
運動がニガテなので、まめおは中学生になると即行、美術部に入部した。
そこはナント!“女の園”^^;
美術部員の女の子のお母さんが、「男の子いないけど、大丈夫?」と心配してくれたけど、本人はいたって平気。
そういうこと、あまり気にしない奴なので、何を考えることもなくすぐに打ち解けた。


おかげで、男子入部の高いハードルを意図も簡単に超えてくれ、壁を取っ払ったおかげで、本当は入部したかったらしい同級生の男子がその後入ってきて、1年後にはフツーに新入生の男子が数人、入部してくるという多大な貢献をした。


どうやら絵が好きな子って、やや“オタク傾向”にあるらしく、マニアックな話で部活中はものすごく盛り上がるらしい。
「楽しくて仕方ない\(^o^)/」と、受験生の今でも時々部活に参加してきているようだ。(オイオイ・・・)


素質も少しはあるみたいで、親ばかを承知で言うけど、先日あった文化活動発表会で体育館の壁に飾られていた美術部作品展示の油絵は、なかなかの出来栄えで、先生方や校長が気に入ってくれているらしい^^


でも絵で食っていこうとは思っていなくて(そこは現実的)、そっち方面に進路を考えてはいないもよう。
親ばかでも、私もそれはもちろん納得。
現実は甘くないもんね^^;




さて、まめぞうも同じくインドア派で運動神経はまめおよりもうんと劣っている。
普段があまり活発ではないので、最近かなり太り気味・・・><;


そのことについて、私があまりに指摘するので、かわいそうなまめぞうはかなり気にして・・・(いや、マジで気にして欲しいくらいの、お腹の状態なんスよ^^;)・・・・で、夕方時間があるときは、たま~に近所をジョギングしている。
ま、ジョギングというほどの距離でもないが、しないよりはマシ。
これは自分から率先してやりだしたので、褒めている。


今日も学校で持久走大会があり、得意でも速いわけでもないのに、
「お母さん、今日仕事お休みなら、応援に来て」
と、たのんできたので、学校に行ってきた。


来てる親は、仕事してない人か、PTA役員だけだったのでとても少なかったけど、ほとんどが割りと足の速い子の親ばかりだった。

「自分は遅い」
とわかっていながら「来て」と頼んだのは、やはりこんな親でも見守っててほしかったからなのかな?

少しはやる気がみなぎったのかな?

でも、ね・・・成績は毎度のことながら、遅い方から数えた方がはやいけど、最後まで一生懸命走ってきた姿は偉かったよ~。


先生も「最近の走る姿がしっかりしてきてるけど、何か始めてますか?」
って尋ねてくるほど。


やはり時々だけど頑張ってるジョギングは効果が出てきてるようだね^^

地道でもコツコツ頑張ってたら、なにかしら成果が出るもんだね~。

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

コメント

子どもたちの頑張る姿を間近で見るチャンスはなかなかないから、「来て」って言われたら行かなくちゃだよね♪
やっぱり、ひろのしんさんのお子さんは素直なんだと思います。

美術部に入りたかった男子の先駆けになってよかったですね。
しかし・・・・やっぱり、美術で食べていくのはしんどいのかなぁ…そうだよね。我が家は娘二人が美大に進学、及び進学希望なのでとっても複雑です。これが息子だったら反対していたかもしれません(幸いなことに息子は美的センスのかけらもありませんが・・・)

>モモさん
こんばんは。
将来モノになるかは、今現在の出来不出来も影響するかと思われますが、まめおのは素人にはうけてもプロで通用するものではないと思います。
そこを本人も承知しててのことだと・・・。
モモさんの娘さんはお二人とも美大に?それはすごいですね。
すでにひとつハードルを越えてらっしゃるので、これから勝負だと思います。センスは大学でプロ仕様に磨かれていきますしね。手に職を身につけているって強みです^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。