FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第969回「好きな童話・絵本は?」

2010.05.28
大好きな絵本・児童書・・・たくさんありすぎて、一つには絞れない。
とりあえずすこしだけ書いてみよう。


てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
(1965/11/01)
不明

商品詳細を見る

実際に考えたらあり得ないような展開だけど、そこが子どものためのお話のいいところ。
ラチョフの絵がとても味わい深くていいです。



ふたりはいつも (ミセスこどもの本)ふたりはいつも (ミセスこどもの本)
(1977/05/15)
アーノルド・ローベル

商品詳細を見る

かえるくんとがまくんの会話はとても癒されますね~。
読むといつもほんわかと心があったかくなります。かわいくてしかたありません(#^.^#)
シリーズで揃えたいです。ここでは我が家にある1冊をご紹介^^
四季のなかのふたりのかわいいエピソード。お互いにだあ~い好き!っていう気持ちがあふれてくる本です。



あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
(1984/01)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る

「好きな絵本は何ですか?」と聞かれた時に、必ずあげる1冊です。
とにかく親子愛を色で表現するなんてすごいことをやってのけた絵本。
この絵本を知ったとき、そのことに衝撃と感動を覚えたくらいですから。



おりこうなアニカ (世界傑作絵本シリーズ・スウェーデンの絵本)おりこうなアニカ (世界傑作絵本シリーズ・スウェーデンの絵本)
(1985/05/30)
エルサ ベスコフ

商品詳細を見る

かわいくて、楽しくて、正確で上手いデッサンが安心して読ませてくれるほのぼのとした絵本です。
ベスコフは基本的に大好きです。



まだまだいっぱいあるのに・・・以前もここで紹介した絵本や児童書なども大好きです。
(という締めじゃ、ダメ?(^_^;))

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

コメント

お久しぶりです

たくさんありすぎて、一つには絞れない…って気持ち、よくわかります!
「あおくんときいろちゃん」の親子愛を色で表現…というのは面白そうですね♪
ちょっと見てみたくなりました☆
レオ・レオーニという作家さんもどこかで聞いたことがあると思ったら「スイミー」の作家さんなんですね。
つい先日NHK教育の絵本番組で取り上げられていて見たばかりです。(すごい偶然!)
ホント絵本にもたくさんいい作品がありますよね。
ひろのしんさんの紹介で出会えた本も多いので感謝しています(^^)
「あおくんときいろちゃん」、ちょっと探してみますね☆

ひろのしんさん、こんにちは。
どの絵本も、太鼓判ボーンで オススメできますね。
わたしもどれも好きだなー。

好きな絵本は?と聞かれるのが、なかなか難しい質問で、
わたしもとても答えられません(苦笑)

ひろのしんさん、ぜひまた続編もよろしくお願いします♪

>ホークさん
こんばんは。
いえいえ、私はまだまだ絵本を語れる資格にないと自覚できるほどその奥深さも知らないし、知ってる絵本の数も少ないですよ。
でもまだご存知でなかった絵本を紹介できたこと、嬉しく思います。
ぜひ手にとって見てくださいね^^
レオ・レオーニの番組があったのですか?
それは知らなかったです。見たかったですね~。
ホークさんの読書量に少しでも近づけるよう頑張ります。

>琴子さん
こんばんは。
ここにあげた絵本、ほとんどオーソドックスなものばかりで・・・^^;
絵本に関しては琴子さんの方がいっぱいご存知だからちょっと恥ずかしくなっちゃいます。
仕事ではなんだか雑務におわれて、新しい絵本もじっくり読む時間がなくて困ります。
読み聞かせも最近は参加できてないので、復活をばせんと・・・!と頑張るつもりです。
続編・・・ですか?
が・・・頑張ります!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。