スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末雑事その②

2010.02.04
ええ~、あれから何日も経ちまして、再び昨年末の話題を・・・。(って、いったい今何月だと?^^;)


中学校の授業参観が12月にあったのですが、音楽の授業を参観しました。
音楽の先生は、まめおが1年の時の担任だったので気兼ねなく見る事ができました。


この日は、ベートーベン作曲の交響曲第5番「運命」についての授業です。


まず、出だしの一番有名な「ジャジャジャジャ~ン♪」から始まる第1楽章を途中までCDで流してくれました。


そして、この曲の形式と構成の簡単な説明を。


この第1楽章は、音楽用語で言う“ソナタ”形式になっているそうです。
“ソナタ形式”とは、提示部・展開部・再現部・結尾部の4つで構成されているそうです。


そこで、おもむろに先生が取り出した一枚の写真・・・。
そこには、私もよく知っているあるCDジャケットのコピーが!
韓国ドラマ『冬のソナタ』のサントラCDの、チュンサンとユジンの寄り添う写真。
(おお~!先生ももしや、持ってる??)


その写真を黒板に貼り付ける。

「はい、これは誰だか知ってますか?」

「・・・・・・・・。」


はい、まあ・・・知ってても簡単には答えてくれない、天の邪鬼真っ最中の中学生。それはまめおも同じね。


「『冬のソナタ』というドラマの主人公ですが、このドラマのことを簡単に説明すると・・・このふたりがまず出会って恋人同士になるのですが、ある日事故で男性が死んでしまいます。で、何年かたって、いろいろあって似た人物と出会います。
そして、またいろいろあって、ふたりは再会するのです。ですが、またまたいろいろあって、最後はハッピーエンドになるのかな?・・・というドラマなんですが。」


うわあ・・・相当はしょってるな~。でも音楽の授業だから仕方ないか^^;


「で~・・・この『冬のソナタ』もソナタというだけあって、そういう形式にあてはめられるんです。
最初の出会いの部分が提示部ですね。そして、いろいろあって似た人と出会ったところが展開部、そして最初のふたりが再会するところが再現部、で、終わりに近づいていくところが結尾部。
(う~ん・・・まさに“運命なふたり”よね~・・・(#^.^#)。)
さて『運命』ですが、最初の出だしの曲調はなんか大きな音でインパクトがあるでしょう?
では最初からまた途中まで聴いてみましょう。よく聴いててね。途中から感じが変わるところがありますから。」
といって、またCDをかけました。


「さ、途中変わったよね?どんな風に変わったかわかる人いますか?」と質問。


女の子がふたりほど手を挙げる。
「やさしい感じ」「ゆっくりしてます」という答え。




「じゃあ、またかけてみるね。さっきよりもう少し長めにかけます。またまたその先も曲の感じが変わります。よく聴いてて。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「は~い、わかったでしょ?どんな感じ?じゃ次は2番目の列の男の子ね。」


なかなか言葉が出てこない男の子たち。
いったい何を聞いていたんだよぅ・・・^^;簡単じゃん!
1人1人当てられていくけど、本当によく聴いてないのか、素直に答えたくないのか、「わかりません」とか「ええ~っと・・・」と後ろの生徒に助けを求める奴もいたり。


お!まめおの番だ。


「力強い感じがします。」という正統派の答え。

普通だけどちゃんと答えてくれたのでほっとしました~。^^;



「最初のジャジャジャジャ~ンという部分、音符にするとこうなりますが(黒板に八分音符を書き連ねる先生)・・・タタタというこの三連音符が何度も出てきたの、気づいたかな?」

と言って、また曲をかける。


聴きながら「はい、ここね。ここ。・・・・ここも・・・」


「ね?わかった?ずっとこの三連音符が続きます。」
「この一つの同じモチーフを何度も使って、この曲は構成されています。で、同じモチーフを使いながら、提示部・展開部・再現部・結尾部を力強い部分と優しい部分とで交互に表現していて、これがソナタ形式ですね。」



はあ~・・・・なるほどね~。
『冬のソナタ』を出してきてくれたので、とってもわかりやすかったわ~。
と、私が生徒なら拍手してあげたかったくらいです。


私の現役の頃も、こんな風に授業をやってくれたらすごくわかりやすかっただろうにね~。
それなのに、肝心の生徒たちときたら、のれんに腕押し状態で、わかったのやらわからなかったのやら・・・。


おまけに、じっとしてない男の子に、うんともすんとも言わない生徒、表情が全く読み取れない女の子・・・。
先生もホント、大変だあ~。
昔の授業風景とは全く違うギャップに戸惑いと微かな怒りを感じながらも、先生の工夫されたわかりやすい授業内容に感心した参観でした。

テーマ : 中学生のママ
ジャンル : 育児

コメント

こんばんは♪
先生もあの手この手で子どもたちに楽しく音楽を学ばせたいと必死なのでしょうね。最近の子供たちはゲームやテレビの影響を大きく受けてか、目先の変わったもの、おもしろいものでなければなかなか食いついてこないようですね。
あ、これは大人でも同じことでしょうか・・・

>モモさん
こんにちは。
こんなにお返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
先生たちは本当に大変だと思います。
特に女の先生は、この思春期の子どもたちと上手くやっていくのには、かなりの精神力が必要ではないかと思います。
おまけにどうやったら、授業や学習に興味を示してくれるかいろいろ研究されているんですね。
中には変な先生も世の中にはいるようですが、まめおの通う学校には一生懸命な先生方ばかりのようで安心しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。