FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の欲目?

2018.01.25
長男まめおは、現在は他県の企業で仕事に従事し、頑張っています(と思う・・・)。
子供の頃も、理系の逸話を時折このブログでも紹介しましたが、その後の進路もやはり理系に進み今に至ります。
しかし、ここでその進路を披露したいのではなく、まあ・・・俗に言う親の欲目、いや親ばか?どっちなのかわからないけど、次男のまめぞうに向かって必死に訴えたことが数日前にありました。

事の経緯はこうです。
TVにて、去年の暮れに開催された「冬のコミケ」を取材した映像が流れました。
確かに、我が家のまめたちはインドア派を子供の頃から誇っており、親も公認済み。
仕方ないよね、の思いもありながら、その行き着くところを心配もしていました。
やはり思春期を迎えるとオタク化は徐々に芽吹きだし、マンガ・ゲーム・ネット・アニメを愛する男の子たちに・・・。

たまに目にしたり聞いたりしていたコミケ、それも都心部で開催されるコミケなどのイベントにも興味津々で、いつかは行ってみたいなどとつぶやいていたりもしました。

で、話は元に戻り、TVではコミケに参加している人々にインタビューを続けていましたが、ある一人の人物に映像が切り替わると、
まめぞうが思わず「奴に似てる!」とのたまう・・・。
私もいっしょに見ていたものですから、たしかに風貌がよく似たその人物に釘付け。

行ってみたいと言っていたコミケ、社会人となったまめおなら、いつ行ってもおかしくないけど・・・とは思いながら、TVを凝視すると、似てはいるけど、やはり違う人物。
コミケが開催された期日は、すでにお正月休みでまめおは我が家にいたのです。
当然といえば当然、別人、赤の他人。
「うん・・・似てるね」とつい口走りましたが、TVの人には悪いけど「いや!うちのまめおの方がかわいい!!ゼッタイ!!」と必死にかばう私でした。
まめぞうは意地悪く「でも、似てるた~い」とニヤニヤしているけれども、どう見ても、うん!まめおの方がかわいいもん!!と、まめぞう相手に、一度は似てると思った私は俄然反論するのでした。

TVの他人の空似のひと・・・親の欲目だから許してね。
スポンサーサイト

『パディントン2』で愛しのヒュー様を観る

2018.01.22
話題の映画『パディントン2』を観ました。→公式HP
と言っても、平日の昼間は映画館はとっても空いていて、余裕で観られたのがやや寂しくもあり・・・。
なぜなら、大好きなヒュー・グラントがちゃっちい悪役(笑)で出演しているからです♪
でも子供向けの映画だけに、冬休み明けの今ごろなぜ公開なんだとちょっと不満でしたが、映画はヒュー様のぶっ飛んだ演技が観られて満足でした。

実は前作の『パディントン』は観ていないんですよね。
でも前作を見ていなくても全く問題なし!

予告がTVやネットで流れているので、かなりコメディタッチのお話になってるとはわかっていましたが、おもしろくもアットホームで、ホロリとさせるあたたかい(う・・・ホロリとはしなかったけど・・・)結末は王道のファミリー映画です。

そんな中で、注目①・・・監獄がスウィートなお部屋にイメチェン❤
監獄の中で一番恐れられているナックルズが、監獄の厨房を担当しており、まずくても誰も文句言えないのです。でも紳士なパデ
ィントンが美味しいマーマレードジャムの作り方を教えたために、ナックルズに一目置かれるようになります。
それからというもの、美味しいデザートの作り方を知っている囚人たちと手を組んで、監獄はスイーツ天国となり、内装まで甘くか
わいくなるのです。スウィートなデザインがすごく目を引きます。

注目②・・・移動遊園地が素敵♪
最初にヒュー様が登場する場所が、この移動遊園地。向こう(海外)ではけっこうあるみたいですよね。それがまたすごくアンティ
ークな雰囲気で、とても素敵なんです。いわゆるインスタ映えしそうな感じ。

注目③・・・ブラウン家があるロンドンの住宅街も可愛い^^
ロンドンのウィンザーガーデンの家並みがとても素敵で、センスがよい。ついでに、ブラウン家の壁紙もなかなかイカしてます。
 
注目④・・・本命・ヒュー様のコメディアンぶりがチャーミング♥
まだ若かりし頃の出演作は、二枚目役の王道をいってたヒュー・グラントですが、ハリウッドに進出するや、その芸風は作品を追
うごとに、密かに閉まっていた三枚目の一面をのぞかせ続け、今回はかなり振り切っていましたね。
落ち目の元人気俳優という肩書に、今じゃドッグフードのCMしか仕事がないという惨めっぷり。そのCMも、ここまでやるかというも
ので、思わずクスリと笑ってしまいました。でも確かに、どんなにハンサムでも寄る年波には逆らえず、あのヒュー様も「年取った
なあ・・・」としみじみ感じてしまいましたが・・・いえいえ、彼はまだまだやりますよ!
最後の最後、エンディングで魅せるミュージカル仕立ての踊り、歌は見事でした!
こういうの、やれるんじゃん!!って、未知数の顔を観られて良かったです。
しかしここまでやれるんなら、以前話が来たという「ハリーポッター 秘密の部屋」のロックハート先生役を断らなくても良か
ったんじゃないかなあって思いましたけど、当時はまだここまで吹っ切れていなかったのかな?

というわけで、ぜひともいろんな楽しみ方ができる「パディントン2」は必見ですよ。

帰還・・・

2018.01.16
前回の記事からかなり経っております。
ご無沙汰していましたが、やっと帰ってきました。
と言っても、仕事がどうなるかわからない状態で今、書き込んでいます。
業務で、通信(おたより)を担当していて、それを毎月発行しています。
中には、オススメの本の紹介をするコーナーがあり、毎月3冊と、他にも特集記事にちなんだ本を取り上げるため、とにかく読書に追われる毎日です。
それで、あまりSNSを利用できずにいました。
しかし何やら、上からの予備情報として、スタッフの削減もしくは入れ替えを検討中とのこと。
もしかしたら3月で仕事がなくなるかもしれないという状況におります。
来週くらいにはおそらくはっきりするかと・・・。

もしプータローになったら、ここにも頻繁に来れる時間が作れるのではと思いますが、なんか皮肉ですよね。
仕事はせいいっぱいやってるし、やりがいも感じてるけど上には逆らえない。
もし決まったら、悔いなく最後まで頑張るつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。