FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄珍道中“妙齢女子旅日記”その3

2014.01.16
寒い日が続いているのに、まだ完結していなかった旅行日記。
あの時の記憶が少しずつ薄れていく不安を感じながら、さっさと書かなきゃ!と強迫観念におそわれて、いよいよ完結編。

はじめにお断りしますが、今回は長丁場です。
(事件、入ってます。それをご了承の上、お読みください)
お昼ごはんを食べてから、ちゅら海水族館まで少しバスにゆられる時間がありました。
バスガイドさんはとっても若くてかわいい女性(ちょっとだけ倉木麻衣に似た感じに思えました)でしたが、移動中ウチナーグチを教えてくれましたよ。

お昼前に教えてくれたのが、標準語の「いただきます」「ごちそうさまでした」の2語。
それぞれ、「くわっちーさびら」「くわっちーさびたん」と言うそうです。

しか~し!これって、おそらく高齢の人たち、もしくは方言が相当残っている地方の人しか使わないのか、最終日に初日にも迎えに来てくれたタクシーの運転手さん(たぶん60歳代後半)に「この方言使いますか?」って尋ねてみたら、「いやあ~、使いませんよ。」って、苦笑いされました^^;

そんなものですよね。私達も、方言ってそんなにおもいっきり使うわけではないし。
でも旅行中は、うちなーんちゅになったつもりで、御飯食べるときは使ってみました^^

という訳で“ちゅら海水族館”に到着。
駐車場から水族館までが・・・なが~い!・・・・・どんどん下に降りていきます。
(そこで考えることは・・・これって帰りは同じ距離だけ登っていかなきゃいけないってことよね・・・なんて、超弱気なことでした。)

IMG_1247.jpg

降りていく途中の階段からの眺め。向こうに岬が見えます。

IMG_1249.jpg

ここもまだまだ途中です。

中に入るとまあ~・・・人だらけ。当たり前ですけど・・・観光客が国内外から大勢来てました。
行列作って、各水槽のガラス窓を眺めてまわるだけでヘトヘトです。
でもここの売りはなんといっても、ジンベイザメとマンタが泳ぐ大水槽。

そして時間が来ると多くの見物人が寄ってくるのが、ジンベイザメの餌やりタイム。
水槽を直に見ると、水面で餌をもらうジンベイザメを見上げるばかりで、よくわからないということで、水槽の内側のスタッフ側からの映像が中継でスクリーンに映し出されます。そして大きな口を開けて、ガバ~っと餌の魚を吸い込んでいく迫力の食事シーンが見られます。

IMG_1253.jpg

IMG_1258.jpg

IMG_1263.jpg

IMG_1270.jpg

他にイルカのショーも見ましたよ。

で、心配した帰り道は、自動の歩道があったので全然苦ではなかったです・・・^^;

ホテルまでの帰り、バスの中でかわいいガイドさんは沖縄の衣装に着替えて数曲歌ってくれました。
中でもキロロの曲で“紅芋娘”という歌を振り付きで歌ってくれましたが、これがと~~っても可愛くて、思わずカメラを動画に切り替えて撮ったくらいです。
あとで家で検索してみたら、この歌はNHKの「みんなのうた」でも流れていた歌らしいですね。(知らなかった・・・)
ただ、動画のアップができなくて申し訳ないんですが・・・。

この日の昼間はこうやって無事に観光できてよかったのですが・・・。

この後も、またまたビュッフェ形式の夕食をこれまたお腹いっぱい食べて、あ~~・・・とうとう明日は帰るのね~・・・と、寂しさに浸りながら就寝となるのですが・・・。

明け方!まだ夜も明けきっていないのに、寝坊の私がふとある異変に気づき目を覚ましました。
鼻からツツゥ~っと流れ落ちる感覚があって、まさか!!@@;と思って灯りをつけると、案の定“鼻血”でした(T_T)

実は、初日からの事件というのは何を隠そう、この鼻血に悩まされていたのです。
初日のあの海岸でいい気分に浸っている時、突然に鼻血が出てきて止まらなくなっていたのです。
持っていたティッシュなどでとりあえずおさえるものの、ティッシュを離すとドクドクと出てきて困り果てた私達は、一旦部屋に帰って、休憩し、その間友人が彼女のお姉さんに電話をして、鼻血の対処法を聞いてくれました。
とにかく鼻の根っこをつまんで下を向いたままにして、できれば冷やしておくとより良いということで、ホテルのフロントに電話をかけて氷枕を用意してもらい、休んでいたら30分ほどで落ち着きました。

いやあ~・・・びっくりしましたが・・・これでは終わらず、その夜お風呂に入ってからもまた出血。
これまたなかなか止まらないんですよね><
同じ対処法でなんとかなりましたが、2日目のことが気になって気になって・・・でも、上記のようにどうにか出血はなくほっとしていたんです。

いったいどういうことなんだろう??と不安で仕方がなかったのですが、またか!(旅行中に3回も・・・それもなかなか止まらないの)という思いと、とにかく止血しなきゃと、それからは眠れませんでした。
と・・・どうにかこうにか止血できたのですが、私が鼻血で大騒ぎをして、友人まで起こしてしまったのですが、今度は彼女が、朝になっても何やらベッドから起きれない様子。

「どうしたの?」と聞くと、「なんだかね・・・お腹の調子が・・・」と言いつつ、トイレに駆け込む彼女。

それが何回も続き、やはりどうやらお腹を壊してしまった様子。

それも、これまでお腹など壊したことのない彼女(お腹はめっちゃ健康体だったらしい)がフラフラの状態です。

これは・・・と思い、今度は私がフロントに電話をしてお腹の薬を何か持ってきてもらえるか尋ねたら、親切にも“○○丸”を部屋まで持ってきてくれ、飲み方もアドバイスしてくれました。

当然この日の朝食はふたりとも食べれず、チェックアウトまでギリギリいっぱい休んで何とか彼女が動けるまでにはなりました。

タクシーの運転手さんが約束通りの時間に迎えに来てくれたのはいいですが、お話し好きの方でしたけど、今日は疲れててちょっと会話を遠慮させてくださいって断ってから、ただひたすら那覇市内までお願いしました。

最終日は飛行機の時間まで、那覇市内のショップをめぐる予定にしていたんですが、彼女の状態を見ながらボチボチと歩いてました。
国際通りのブルーシールアイスクリームははずせないけど、当然友人は無理!
私一人で、大好きなピスタチオのアイスを食べました。
う~~ん・・・一人で食べても食べた気がしな~~い・・・。
2013101720360000.jpg

あらかじめ調べていた雑貨屋さんに入ったんですが、そこでも友人が具合が悪そうなのでトイレを貸してもらうはめに。
他のお店でも、いつもならすっごく雑貨好きでテンションがあがりまくりの彼女が、すっごく大人しい。

つらそうだな・・・と心配すると、彼女も自分のせいでいろいろ見れないのは私に悪いと思うのか、予定していた雑貨屋さんは全部付き合ってくれて・・・ありがたいやら、申し訳ないやら。

そうこうしているうちに、帰りの時間となり那覇空港へ。
友人が調べてくれたA&Wというバーガーショップで遅い昼食。そのときには友人も何とか食べれるまでに回復してはいましたが。

お互いにハメ外しすぎて、ちょっと食べ過ぎちゃったね^^;と反省。
ただ私の鼻血だけは後日病院へ行って診察してもらうことに。

いろんな意味で忘れられない初めての沖縄旅行となりました。

今度は体調万全に、身の程をわきまえて、終始楽しい旅行にしたいと思います。


(後日談)
大騒ぎした私の鼻血事件。
耳鼻科に行ったら、もともと鼻炎があり、鼻の奥に何らかの傷が生じてそこから鼻血と鼻汁がいっしょになって出てきたのだろうということと、現在数年前に発症した持病でもらってるお薬が反応して出血が止まらなくなった可能性があり、数日そのお薬だけ止めることで、すっかり治りました。
ので、今現在は全く鼻血はでていませんし、止めたお薬も再開し飲んでおります。
いやあ~・・・ビックリしたなあ~もう・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

あけましておめでとうございます

2014.01.09
今頃ですが、新年のあいさつはしておかないと・・・。

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いします。

今年は心から笑顔でいられる一年でありますように。

しめ縄

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。