スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落窪物語: いじめられた姫君とかがやく貴公子の恋 (ストーリーで楽しむ日本の古典)

2013.01.24
落窪物語: いじめられた姫君とかがやく貴公子の恋 (ストーリーで楽しむ日本の古典)落窪物語: いじめられた姫君とかがやく貴公子の恋 (ストーリーで楽しむ日本の古典)
(2012/12/13)
越水利江子

商品詳細を見る


私の名は“あこぎ”。源中納言さまのお邸で、お姫様の侍女としておつとめしてるの。
私がお世話をして差し上げているのは、源中納言さまの亡くなられた奥様の娘である“すみれ姫”。
でも、お邸のみんなはこの美しい姫君様のことを、なんと“おちくぼ姫”などと呼ばれる。
というのも、源中納言さまの後妻として入られた継母である北の方さまが、継子の姫様をいじめ、お邸の一番日当たりの悪い北側の落ちくぼんだ場所にあるお部屋に姫様を閉じ込められたの!
そればかりか、北の方さまの実の子である三節姫(みおりひめ)や四つ葉姫の晴れ着や小物の縫い物をすべてさせられる。
それに、三節姫のご婚約者である“蔵人の少将”の晴れ着までも縫わせる始末。

それでも姫さまは、縫い物がとてもお上手であるがゆえ任されるのではあるけれど、なにひとつ恨み言をおっしゃるでもない。
おまけに、北の方さまは実の子には美しい晴れ着やおいしいものをお与えになるのに、すみれ姫さまには食事も粗末なもの、そしてお着物も古く擦り切れて色褪せたものしかお与えにならない。

それでも、そんなみすぼらしいお着物を着ていても、姫様はそれは誰にも引けを取らないほど美しく、姫様がお召しになるすみれ色のかさねがとてもお似合いなので、笑顔のかわいらしい姫様のことを私だけは“すみれ姫”と呼んでいるの。

こんな姫様のことをとても心配している私には、“蔵人の少将”の帯刀(たちわき)である惟成という恋人がいるのだけれど、彼から、こんなに心根もやさしくて素晴らしい美しい姫様を救い出してくださる方がおそばにいらっしゃるという情報を聞き出したわ。

そのお方は、惟成の乳兄弟で“右近の少将”である藤原道頼さまという、それはそれは宮中でもトップを争うほどの美しいご立派な方らしいのよね。

そのうち、北の方さまの姫様に対するひどい仕打ちはますますエスカレートしていくので、いよいよ私と惟成、そして道頼さまによる姫様救出作戦を決行するにいたるの。

おまけに、道頼さまは源中納言さまや北の方さまに対する復讐も考えられているらしい。
でも姫様にとっては大切なご家族ですから、そのあとのこともきちんと整えていらっしゃるみたいですけど、ここはもうお任せするしかないわね。

まあとにかく千年以上も前の日本にも、このようなシンデレラストーリーがあったってこと、すごくおもしろいと思わない?
それにしても北の方さまのやりくちと、道頼さまの復讐は、韓国ドラマにも匹敵するわね~。
こんなお話を誰が書かれたかは、いまだはっきりとはわかっていないらしいけれど、どうやらそれなりの身分の男性ではなかろうかといわれているらしいの。
昔の方々も、想像豊かで今と変わらない感覚でいらしたのね。

このお話の中で一番いいな、と思ったのは、一夫多妻制が当たり前だった当時に、道頼さまはすみれ姫さまひとすじでいらしたこと。ここ、重要ね!

スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

(ネタバレ注意!)RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)

2013.01.16
RDG6 レッドデータガール    星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2012/11/28)
荻原 規子

商品詳細を見る


大好きなこのシリーズ、とうとう完結してしまいました><
この巻が最終巻です。
世界遺産に認定される少女・・・なんて、ものすごく大胆・突飛な、でも斬新で興味深々なテーマですごく楽しめました。
和風ファンタジーです。古代から土着的に日本につづく宗教をモチーフにしてありますが、きわめて現代的でもあります。そして、民俗風習を根として広がった陰陽道・山伏など、今では民衆には忘れ去られてしまった奥深く日本人の中に息づくものを、熱心に下調べをされて挑まれた物語は、中学から高校へと成長していく登場人物の心の動きもあわせて読ませてくれ、毎回ワクワクドキドキしながら読みました。

また個人的には好みの登場人物ばかり。
主人公の泉水子ちゃんは、誰も勝てない特殊能力の持ち主だというのに、本人の持って生まれた引っ込み思案な性格ゆえ、おどおどしてて消極的なところは、時にはもどかしくイラつかせますが、割と自分に近い部分もあり、共感できてしまうので逆に好きなキャラクターです。
でも、次第に自分に自信がでてきて、その能力をきちんと発揮できるまでになるんだけど、まだまだ未完成ってところが好感持てます。

そしてイケメンがいっぱい出てくるところは、作者も好みなんでしょうか^^
私も嫌いではありません。かえって、読んでいて想像が膨らんでくるので、夢心地で読んでしまいます^m^
深行くんは、和泉子ちゃんを守っていくと定められた運命の持ち主。
でも、まだ幼かった頃はやはり反発心のほうがつよかったけど、こちらも次第におかれている状況が半端なく危うく、泉水子とこの世界の平和に関わる人生なのだと悟っていくうちに大人になっていくのね~。
でもって、頭もいいからこちらのほうが泉水子ちゃんより断然大人です。
頼れる男子!で頼もしい限り。

で、いろいろ事件が起こる高校生活では、泉水子ちゃんを常に守ってきた山伏の世界だけでなく、陰陽師・戸隠忍者・霊界・キリスト教会などから様々な人々が近寄ってきます。

この巻は、一大クライマックスが終わったところから始まるので、いったいどうやって終わらせるのかな~?と思っていたら、いやあ・・・最後の最後にまで読者を安心させないというか、飽きさせないというか、え?え?・・・どうなっちゃうの?とハラハラでした。

で、本当の最後に残されていたお楽しみが、たったの2~3行でさら~っとおさめられて、余韻を残したままにエンドとなりました(#^.^#)

でも、今後の泉水子ちゃんや深行、そしてお父さんの大成さん(あまり登場してないのよね)とか、もっと活躍できそうなので、もう少ししたらまた新シリーズでお会いしたいです。


baraline.gif

うえ~~ん(T_T)(T_T)(T_T)
とうとうこうなってしまった・・・アニメ化決定!><(←動画もありですが・・・う~~ん・・・放送局はどこかまだ決まってないみたいね。気になる・・・)

泉水子ちゃん、違う~~!
深行くん、微妙・・・
こうなることはもちろん想定内でしたが、やはり想像だけの世界にしてほしかった~・・・(脱力)

テーマ : YA(ヤング・アダルト)
ジャンル : 本・雑誌

生きるぼくら

2013.01.11
生きるぼくら生きるぼくら
(2012/09/13)
原田マハ

商品詳細を見る


ある書評を読んで、とても気になって読んでみた本です。
そしてやはり正解でした!
って、こういう正解とかいう言い方はあてはまらないかもしれないけど。

今の日本で問題になっているあれやこれやを1冊に凝縮したというか、よくぞできたというか、さすがだなって思いました。

いじめにはじまり、離婚、引きこもり、母子家庭、独居老人、介護問題、就農者減少、離村、就活問題、認知症など、これらがぜ~んぶ入ってしまってるんですよ!
それを、さらりと読ませ、おまけに思わず感動で涙が出てくるほどのさわやかな読後感まで味わえるんです。
やはりすごいなあって感じます。

さすがに、いじめについて表現されている部分は、私にはフィクションとはいえきつかったけど。
でも実際にそういう目にあっている子どもたちは現実にいるわけで。

もちろんこの本の内容のように、うまく解決することは少ないと思うけど、「あ~・・・こういう風にみんなやれたらなあ・・・」なんて考えてしまう。

それから、お米を一から、それもすごく原始的なやり方で育てていくところを細かく書かれており、もちろん知らないこともあり勉強になりました。
田舎に生まれ育ち、今も故郷で暮らし続けていて、田んぼや畑や、農業で頑張っている人々を毎日目にしている私ですが、さて自分が農業にかかわったことはあったでしょうか?

おいしい新米を毎年いただける幸せ。
それをこの本を読むと、つくづく感じてしまいました。
そして、やたらとおにぎりが食べたくなります。
人の手で、愛する人のためにと、愛情込めて結んだ手で作られたおにぎり。
コンビニで買うおにぎりよりも、やっぱり目に見える誰かがにぎってくれたおにぎりのほうが絶対においしんですよ。梅干し入りのおにぎりがね。

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

年末年始②

2013.01.10
さて、大晦日の夜は星がキラキラと輝くほどのお天気で、キーンと張り詰めるような空気というか・・・とにかく寒いっ!!
実は近所の神宮で、普段から神楽舞を何かの節目ごとにやっているので、その数少ない男子メンバーのまめぞうも新年の舞にかり出されたのでした。

ついでに初詣もできるからと、家族全員で出かけたのでした。
この寒い中、下着にヒート○○を着ているとはいえ、古い木造の境内は締め切ってもストーブ炊いてあっても寒い寒い><

宮司さんや地元の長老(笑)の神事がすむと、神楽舞です。
割と短い神楽なので簡単なのですが、二人一組で舞うので息があわないとずれてしまったらちょっとみっともない。
でも、まめぞうといっしょに舞うのは小学校からずっといっしょにやってる近所の同級生。
もう何年も二人でやってるので、そこは安心^^

まめおのほうが先にやっていたのですが、以前は子供数がまだ今より多かったので、中学生になってすぐにメンバーからはずれたのですが、まめぞうになるともう少子化で子どもがほかにいないので、やめるにやめられない状態。
でもこういう経験も、こういう地域に住んでいるからこそ、ましてや神宮のおひざ元であるからできることなので、貴重な体験ができ、地域とかかわることができると思えば、今やっておくべきだと思います。
(ただでさえインドア派の我が家のまめたちには、無理やりにでもこうやって引っ張り出されたほうがよいかと)

舞の後は、初詣に来られた参拝者にお払いのお仕事も^^

これで、受験の年にいよいよ突入するまめぞうに、ご利益があればいいなあ・・・^m^

ま、おかげで遅くまで起きていたので、翌朝の初日の出を拝むこともなく・・・いや、お天気が悪かったのでもし早起きしても見ることは叶わなかったのですけどね(^_^;)


ゆっくり起きた元旦の朝。

三社参りの二番目は、水前寺公園内にある出水神社へ。
これは我が家の恒例となっています。
でも、いつも園内で食べている食堂のあずま団子が、食堂が今年開いていなかったので食べることが出来なかったのが唯一残念なことでした。

けいたい4
出水神社

けいたい2
東海道からみた富士山を模したと聞いたことがあります。

けいたい3

けいたい

けいたい5

羽子板の無料貸し出しがあり、羽根つきをする人たち。楽しそうでした^^

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

年末年始①

2013.01.04
あけましておめでとうございます。
気づけばもう、新年あけてすでに4日。めまぐるしく過ぎ行く日々に、焦りを感じる今日この頃。
ブログも相変わらずののんびり更新ですが、今年もこんな感じでゆる~くお付き合いくださいませ。


我が家の年末年始は・・・

30日はしめ縄とか、ちょっとしたものを買いに郊外の大型ショッピングセンターに主人と二人でおでかけ。
割と遅めの出発だったのに、店内は人、人でごった返してました。
で、体もぽかぽかとあたたまってきたので、30と1種類あるアイスクリームのお店へGO!

この冬限定のものをいただきましたよ。

サーティワン

大好きなダークチェリーが入った“ウィンターホワイトチョコレート”♪♪
おいしかったです^^

31日は毎年恒例の、市内の商店街での正月必需品のお買いものと年越しそばをいただきに家族全員ででかけました。
例年立ち寄るお肉屋さんの馬刺し、辛子レンコン屋さんの辛子レンコン、魚屋さんのお刺身、八百屋さんでイチゴと鏡餅のお飾り用のうらじろとつるの葉をゲット!

馬刺しは、最近の生肉敬遠の風潮でいまや冷凍で店頭に出回る始末><
馬刺しはこれまで処理や販売にいたるまで、とても神経細やかに扱われていたのに、レバ刺しの件で同じに扱われるようになってしまって・・・(T_T)

お蕎麦屋さんも大賑わいでした。
古い内装でジャズが流れる店内に、家族連れ、渋い年配のカップル、若いグループ、一家族とそのお友達みたいなグループなどなど、狭い中に大勢がお蕎麦を堪能。
あいかわらずおいしかったです!

それから、デパートまでくりだして当日の夜いただくオードブルを買いにいきました。

人に酔いそうなくらいの賑わいで、用事がすんだらさっさと退散=3

さて、夜になり紅白歌合戦で楽しむ我が家でしたが、夜11時になりました。
大晦日寒波が来ているさなか、いっぱい着込んでさあ、おでかけです。
さて、どこへ・・・?

続きはまた・・・。To be continued.

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。