FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もりのだるまさんかぞく

2012.10.18
IMG_1051.jpg

秋のばらの季節ではありますが、このつるばらは一季咲きなんです。この画像は春咲いた時のものですのであしからず

baraline.gif


もりのだるまさんかぞくもりのだるまさんかぞく
(2012/09)
高橋 和枝

商品詳細を見る



この絵本は9月に出たもの。
もりのマンションには、2階にくまさん家族、3回にねずみさん家族が住んでいますが、ここの1階になぜかだるまさんの家族が引っ越してきました。
だるま仕様にちゃんとリフォームされたお部屋をマンション住人が遊びにやってきます。

なかなかにかわいらしいだるまさん家族。一応足と手があります(^_^;)

洗面所にはなぜか筆と墨が・・・。ちゃんと顔も洗うんですが、洗っちゃうと目がなくなるという事態に!
で、この筆と墨で毎日目を書かないといけないんですって!
だから、いろんな表情が毎日日替わりで楽しめちゃいます。

つっこみどころも満載のかわいい1冊です(#^.^#)

だるまが出てくる絵本といえば、いちばん有名なのが・・・

だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)
(1967/11/20)
加古 里子

商品詳細を見る


どちらの絵本にも出てくる、子どものだるまちゃん^^
子どもだけど“だるま”というキャラなだけに、ひげ が欠かせないのね~(^_^;)
でもかわいいのよね!
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

メジルシ

2012.10.17
2011.12.29 033

この写真を撮ったときは、花がまだチラホラでしたが、今はもう家の前にたくさんのコスモスが咲いています。
秋も本番です^^

メジルシメジルシ
(2008/05/16)
草野 たき

商品詳細を見る


草野たきさんの本、好んで何冊か読んでいますが、このお話は途中までちょっとつらかったかなぁ・・・。

離婚を決めた両親と、最後となる家族旅行に出かける中学生の双葉。
彼女は、両親のことをいつも"お母さん"とか"お父さん"とか呼ばずに、名前で、「さん」づけで呼んでいる。
もちろん、両親の前ではお父さんとかお母さんと呼んではいるが、友人や本人の回想ではすっかり他人。
肉親なのに、一般的なそれに対する愛情がやや欠けているみたい。

そもそも、彼女の母親にかなり問題があるようだ。
母親もまた、その母・・・双葉にとっては祖母だが・・・との確執で本来の自分を殺して生きてきたのだから。
でもその母親とは、高校進学後入寮する双葉ではあるが、仲良くはしていきたいと思っている。
しかし、父親とは今後会いたいとも思っていない。

生きがいが、家族の中に見いだせない双葉。
進路や親友、そして彼氏との他愛ない会話など自己中心的な部分にしか興味がない。

そういう家族が、最後の北海道旅行をするのだ。
発案者は父親。
家族としての楽しかった思い出を作りたかったのだ。
冷め切ったパートナーとわが子には、そんなこと興味も何もないのだが、父親に押し切られ仕方なくの参加。

読み進める間、読んでいるほうもまったくもってつまらない。

後半から、母親の秘密を知っていくうちに、わだかまりが解けていく家族。
そして、やや明るくみえる兆しが少しほっとさせるが・・・。


旅行先の舞台となった旭川や札幌、函館がなんだかかわいそうになるお話だった。

こういう家族の再生ものは、私にはきついかな・・・。
1冊読めばもういいかな、って感じ。


やはり楽しくなるお話のほうが好みです。


テーマ : YA(ヤング・アダルト)
ジャンル : 本・雑誌

食欲の秋( ^)o(^ )

2012.10.10
まめおの学校の近くにおいしいパン屋さんがあります。
外観が南欧風の民家で、店内は狭いのですが、パパさんがパン職人、ママさんが店員でいらっしゃるようです。
かわいいお店に、一度入ってみたいなあと思い、学校に行ったついでに立ち寄ってみたら、けっこうこだわりのパンが売られてました。

ほかのお店でもよく見かける種類のパンもありますが、天然酵母パンや季節限定のタルト、フランスパン、そしてお総菜パンの類もいろいろ・・・。

お野菜どっさり

菜園野菜がいっぱいのっかった惣菜パン^^
トマト・なす・ズッキーニ・パプリカなどが細いピザ生地の上に所狭しと乗っています。
おいしい~。

梨のタルト

季節限定の『梨のタルト』。

ホールで去年は売られていましたが、今年は個別販売か?

2011.12.29 024

紅茶といっしょにいただきました♪

2011.12.29 028
紅茶はベノア社というところのアールグレイです。おいしい~。

ホールで売られているタルトは、今年から曜日ごとに切り替わるメニューになったもよう。
ちょっと遠いので、なかなかありつけないのが残念><

また機会あったら立ち寄りたいお店です。

あ~・・・今年も痩せられそうにないですね・・・。



~~  ~~  ~~番外編~~  ~~  ~~

夏にこんなものを買って主人やまめたちを驚かせてみました~。

2011.12.29 019
2011.12.29 020

脳は、あのあま~~いプリンの味をどうしても想像してしまうので、口に入れた時の違和感は衝撃です@@

生姜風味の冷奴・・・。
やや微妙でした><

やはり脳が受け付けないのかも・・・。

家族もさすがに驚いてましたね^^;

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

癒し系?

2012.10.10
きんもくせい

最近玄関のドアを開けて外に出ると、とてもいい香りがするなと思ったら、敷地内の西側に植えられているキンモクセイの花が芳醇なかおりを、そこかしこにまき散らしているようです。
秋ですね~。

え!?こんなところにも?

先日我が家の野郎3人組に連れられて自衛隊駐屯地の式典イベントに行ったら、戦車のとなりに子供たち向けのフワフワアトラクションが!
大人気くまモンの形です・・・(^_^;)

↓こんなのもありました。
立て看板

くまモン自体は癒し系ですが、場所柄ちょっと複雑・・・。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

新しい絵本

2012.10.02
あたらしい絵本を読んでみました。
そろそろこの時期なんですね!
クリスマス関連本、今年も出ています。

まずは、以前セーラー出版から違う画家の同名絵本が出ていたようですが、『りすのパナシ』の画家・ロジャンコフスキーの手による絵本が今回新たに出版されたようです。
(表紙はにてるけど、色がまず違うし、手に持つプレゼントの微妙な違いもわかります。

自己犠牲というと大げさだし、この絵本の内容とはちょっと違うけど、「なにかひとついいことをする」・・・・のが、結局自分が唯一できることだったのね。
適材適所ってヤツ?
やはりそういう運命に生まれているのかな~・・・。
でも同じことをするのなら、いい環境って大事ですよね^^;


ミシュカミシュカ
(2012/08/01)
マリー コルモン

商品詳細を見る



もう一冊、クリスマス本。
植田真さんによるすごくシンプルなメッセージで、絵柄もシンプルだけどあたたかいおはなし。
くるみわり人形がでてくるとこなんかは、やはりクリスマスの既成概念かしら。
でもこのくるみわり人形、ちょっと変な訛りがあって・・・・「そうでごす!」なんて言っちゃう。
ちょっと「となりのトトロ」的な感じもあって、贈り物を届ける喜びと、贈られた人が本当にうれしかったんだなあって知る喜びを感じることのできる絵本。

マーガレットとクリスマスのおくりものマーガレットとクリスマスのおくりもの
(2007/11)
植田 真

商品詳細を見る



そして、最後は全くちがうジャンルの絵本。
いつも“たらこくちびる”なキャラがかわいい工藤ノリコさんの新シリーズ(?)の絵本。
不思議な墨をたこきちというたこからもらったおぼうさんの旅えほん。(#^.^#)
まるで『パイレーツオブカリビアン』にでてくるような悪い大ダコをたいじするというストーリーですが、展開が『3まいのおふだ』の感じにも似てる。
まだ続きそうな感じで終わったので、シリーズ?と書いてみましたが・・・。(^_^;)


たこきちとおぼうさん (PHPにこにこえほん)たこきちとおぼうさん (PHPにこにこえほん)
(2011/03/12)
工藤 ノリコ

商品詳細を見る

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。