スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンナの記憶 I may forgive you

2012.09.20
ハンナの記憶 I may forgive youハンナの記憶 I may forgive you
(2012/07/27)
長江 優子

商品詳細を見る


7月下旬に出たばかりの、中学生以上が対象の本。
時は今をさかのぼること、1年半前。
東日本大震災の前後、中学2年生の波菜子が知ってしまったおばあちゃんの知られざる過去。

それは、おばあちゃんの女学生時代の親友でイギリス人の血を引くクォーター、ハンナ・フォックス(日本名:田中ハナ)との交換日記の中で繰り広げられる友情。

戦時下の日本で、敵国の血を引く人間と秘密のやり取りをするなど犯罪であり、本人同士はもちろん、それぞれの家族やその行為を手助けした人間の身にも危険がせまるという恐ろしい状況の中、シズちゃん(おばあちゃん)とハンナの友情の絆は続いていくかと思われた・・・。



震災の前に届いたイギリスのハンナからのクリスマスカードには、「I may forgive you」(あなたを許してあげてもいい」という気になる言葉が1行だけ。

いったいおばあちゃんとハンナの間に何が起こってしまったのか。

認知症が発症しはじめたおばあちゃんを、施設に入ってもらうまで一時我が家に受け入れた波菜子たち家族。
そして震災のあった日、おばあちゃんの荷物が揺れで崩れてしまっていた中で見つけた1枚のセピア色の写真と「シズ・アンド・ハンナ」と書かれたノート。

にっこりと顔を寄せ合う二人の少女と、交換日記の様相を呈したノートについつい興味をひかれた波菜子はその中身を読んでしまう・・・。


さまざまな諸事情と、生まれた国への思いで異国の土地といえども敵国の日本を離れることができなかった戦時下の外国人。
帰る故郷があるのに、帰ることができない───────
まさに、今の東北の避難生活者、福島の原発周辺から非難を余儀なくされている人々と似た状況ではなかったか。

きっかけは自然災害とはいえ、人の手が作り出した戦争や核開発によって、故郷を失う人がいる。

この物語で重要なのは“記憶”。
この悲劇を、そして今起こっていることを、未来へいかにして遺すか。

そして悲劇を悲劇のままで終わらせないよう、新たな幸せのためにどうしたらいいかを考えさせられる。
中学生はもちろん、それ以上の若者、また親世代にもぜひ読んでほしい1冊。

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。