スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『しろくまカフェ』がおもしろい!

2012.03.27
しろくまカフェ (フラワーコミックススペシャル)しろくまカフェ (フラワーコミックススペシャル)
(2008/03/26)
ヒガ アロハ

商品詳細を見る
ゆったりまったりしたいなら、ここでお茶するのがオススメ!
ダジャレ大好きしろくまさんや、常連のパンダくんがとてもチャーミングで、彼らの会話をこっそり盗み聞きなんかしちゃうのも楽しい、いごこちのいい空間へどうぞ。


しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル)しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル)
(2009/09/10)
ヒガ アロハ

商品詳細を見る
いつも楽しいしろくまカフェに、バイトの笹子さんが加入。常連のパンダくんやペンギンさんに、しろくまくんのお友達・グリズリーくん、動物園のパンダ担当の半田さん、動物園前のイケメン花店主のリンリンと、いろんな人がいっぱい加わって、だんだん賑やかに!
ジャムの作り方やペンギンの作り方(^_^;)も載ってます。
キングペンギンと皇帝ペンギンの違いも、ここでマスターできるようペンギンくんたちからレクチャーしてもらえますよ~。
まったり感は相変わらずです^^


しろくまカフェマンゴー味! (flowers コミックス〔スペシャル〕)しろくまカフェマンゴー味! (flowers コミックス〔スペシャル〕)
(2010/12/10)
ヒガ アロハ

商品詳細を見る
今回は、パンダママ登場で、またまた新しい笑い(^_^;)が巻き起こります。
コーヒーの味に目覚めた人間・マサキが、焙煎士のキノボリカンガルーさんに弟子入り^^でも、先輩のエゾリスさんたちにかなり厳しく鍛えられちゃいます。
コーヒーのうんちく話に思わず聞き入ってしまいますよ。
それから、ペンギンの種類を覚えてもらうためのペンギンカード販促活動に必死のペンギンさんたちにも注目です。(カードのおまけつき!)


しろくまカフェ メロン味! (フラワーズコミックススペシャル)しろくまカフェ メロン味! (フラワーズコミックススペシャル)
(2012/03/09)
小学館

商品詳細を見る
毎度和むしろくまカフェに集う動物と人間たち。
会話がいちいちおもしろい。
今回は、カフェの税金対策で社員旅行となりましたが、結局キャンプへ。
ペンギンたちがペンギンカード(ペンカ)の販売促進と動物園の集客で大活躍!
動物園飼育員の半田さんと、カフェ従業員の笹子さんの恋の行方も気になるメロン味の回。



最初に『しろくまカフェ』が単行本として出た時からの大ファンです。
おうちでゆる~~りとしたいときは、このマンガで癒されています。
しょっぱなから、まったり感とダジャレのユーモアがあふれていましたが、毎回新しいアプローチで笑わせてくれます。
ゲラゲラ笑うことではないけど、思わずくすっとしてしまう、にんまりしてしまう、そんなほっこりした笑いで包んでくれます。

そして、知らなかったコーヒーに関するうんちくや、動物の生態などもここかしこにはさんであるのでためになりますね~。
ちょっとしたおまけもついてるし、癒される以外にも楽しみ方はいろいろです。

新刊本のメロン味の帯には、4月からアニメ化決定の文字が!!
残念ながら、住んでいる地域では放映されないかも・・・。(キー局がないので・・・(T_T))

詳しくは→こちらへ

う~ん・・・楽しそう・・・。見てみたい~~(>_<)
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

デマ

2012.03.15
学生時に講義を受けた情報学の中で、“デマ”について書かれていた項がありました。
いわゆる虚偽の情報の怖さやなぜデマが発生するかとかの内容だったと思いますが、ウン十年前の勉強なので、細かいことは忘れてしまいました><;

とにかく、人の口伝えって枝葉がつきすぎたり、逆にそぎ落とされたりしてしまったりで、元情報とは似ても似つかない内容になってしまいがち。
伝言ゲームがそのいい例で、以前よくTV番組のゲームに使われたりしていましたね。

でも公的な情報にとって、これほどやっかいなものはありません。
特に、災害時におけるデマは絶対にあってはならないものです。もっとも、原発事故で流れた情報の信ぴょう性は、意図的なものあったり、大元の政府・国、現場のはちゃめちゃな状況により、かなり疑わしいものではありましたが。


3びきのうさぎ3びきのうさぎ
(2011/11)
ゼルク ゾルターン

商品詳細を見る



こちらの絵本は、まさに伝言があっというまにいろいろ付け足されたり、大幅に誇張されたりと、最初の情報からかなりかけ離れたことが伝わっていくというブラックユーモアなおはなし。
もちろん、安心して楽しめるゆかいなおはなしです。

読んでいるこっちは、ゆかいでおもしろいおはなしですが、確かに出てくる動物たちにとっては命にかかわる大変な情報です。
そんな命を脅かされるという恐怖が、かえって気持ちを高ぶらせ、正確な情報を咀嚼することができず、オーバーな表現になって伝わっていってしまうんでしょうね。

震災時、携帯メールでチェーンメールのことが大々的に報じられました。
まめおにも私にもやはり届きました。親しい人からそれぞれ届いたものでしたが、どちらも不安・恐怖・心配をいっぱい抱えて、何も知らずに送ってしまったメールでしょうが、チェーンメールとデマの怖さをよく知っているので、まめおはそのままストップさせ、私は送り主にやんわり指摘してあげました。


絵本については、子供たちもきっと楽しく読んだり聞いたりしてくれるいい本なので、もし見かけたら手に取ってみてくださいね。
絵がまたかわいくて、いい味出してます。
東欧(ハンガリーの絵本です)らしい絵柄です。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。