FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ミス・ポター』を観た♪

2007.09.30
先日一人でこの映画を見に行きました。館内で座席を見回しても、やはりけっこう女性一人で来てる人が多かった。じっくりと楽しむには一人で観るに限る。

以前もピーターラビットブームの折に、いろいろな本が出たりNHKでもドキュメンタリー番組が放送されたりで、ポターの生涯と「ピーターラビットの絵本」が出版されるいきさつなどはすでに知っていたから、彼女と絵本の歴史を知りたいために観にいったわけではない。

やはりイギリスの風景、特にナショナルトラストのおかげで昔のままの景観が残るその聖地を大画面で味わいたい、そしてイギリスの少し昔の生活形態(やや中流の暮らし)を観たい、そしてピーターラビットの絵がどれくらい出てくるのか?と、なんともかなり私的な見方をするために出かけた。

主演のレニー・ゼルウィガー(なんとアメリカ・テキサス出身なのね~!バリバリのテキサスっ子だ!)以外は、ほとんどの出演者がイギリス出身者で、イギリス英語を話すのは当たり前として、レニーはそんな中で撮影中以外でも常に発音に気をつけながら話していたよう。
おかげで、あまり違和感なく聴けた。努力あっての賜物ね。

ユアン・マクレガーがクリスマスパーティでレニー扮するポターに愛を告白するとき、歌を歌うんだけど、彼は「ムーラン・ルージュ」ですでにその歌声を披露しているので、なかなかに上手だった。

そしてピーターが、なんとアニメーションで登場してくれ、ファンにとってはとても嬉しい演出。かなりかわいい!

この時期の頃のファッションや家のインテリアや食器など、見ていてワクワクする。
湖水地方の美しい自然も見もの。手つかずの状態で、湖や森や野原が絵本が描かれた時とほとんど同じ風景を保っているのは、以前のドキュメンタリーでも知っていたが、今回も撮影で影響が出ることはなかった。
ただヒルトップ農場だけは、撮影のために観光客を締め出すわけにはいかず、使われることがなかった。
ポターのもう一つの家、ユー・ツリー・ファームに少し手を加えてヒルトップらしく生まれ変わった。

↑のリンク先の公式サイトも、すごくかわいいのでご覧になってみては・・・?

映画館を出て、売店に立ち寄るとピーターラビットの絵本の形をした陶器でできたポットにハーブ(ミント)の種が入ってるものがあったので、思わず買ってきてしまった。^^;
いろんなピーター♪

一番左のものがミントのポット。
一番大きい水色の絵本は、カナダに行ったとき普通のスーパーで売っていたもの。ジャンボ絵本。
右のオレンジ色と白い色の絵本は、新旧のシリーズ本。3冊入りのボックス。
もっと・・・というか、全部揃えたいな。^^

それから、映画パンフレットもかなり素敵で、お気に入り♪もし、映画を見に行かれたら、絶対買い!のオススメ。
スポンサーサイト

テーマ : ミス・ポター
ジャンル : 映画

秋に・・・

2007.09.26
昨夜の中秋の名月は美しかったですね。^^
秋晴れが続いているので、ほとんどの場所で観月の風流を味わえたのではないかと思います。

今、私の二の腕はバキバキに凝っています。(T_T)
日曜日、地域の運動会に参加しました。毎年恒例ながら、今年も綱引きに出場です。
そんなに力を出さなくても・・・と思うのに、さあ勝負!と始まってしまうと、人間の奥底に眠る闘争本能がムクムクと湧き上がってくるのですね。こんな私でも、負けたくないという気持ちのほうが勝ってしまい、ついつい120%もの力を出し切ってしまいました。

おまけに私の地域は割りと綱引きは得意。走るのは遅くても、腕力には自信があります。それに、このところずっと綱引きで優勝してるので、余計に勝負にこだわりプレッシャーも重なり、思わず力が入ってしまいます。

そして必ず、薀蓄と熱血指導をするおじちゃんがいて、
「腰を低くしろ!」とか、
「せえ~の!で、声をそろえて!」とか、
「さあ!気合入れていくぞ!!」とか、いっぱい檄を飛ばしてくれるんです。(^_^;)

おかげで今年もまた優勝しました。
そして力の入らない腕が悲鳴をあげております・・・。

テーマ : まいらいふ(*´ー`)
ジャンル : 日記

終わらない夏

2007.09.18
今日もものすごく暑い日になりそうです。><
天気予報では、最高気温が36度だそうです。平気でこの時期にそんな予報が出てます。恐ろしい~・・・。
地球温暖化はもう歯止めがきかないのでしょうか?

一時朝晩がすごく涼しくなったので、今年は秋の到来が早いのかな?と騙されてしまいました。
まだまだ暑い、今年は夏が長いですね。

以前フラニーさんのブログで紹介されていました「ひらがな暦」とその中に書かれていたという「ジンジャーコンク」という飲み物がすっごく気になり、私も作ってみました。^^
ジンジャーコンク

けっこうピリリとした感触があり、これ夏だけじゃなく冬でも飲めば(あっためて・・・)体がぽかぽかしてくるんじゃないかな。

あいにく炭酸を切らしてて(ペリエはあるけど、ライム風味だし・・・)、ジンジャーエールは作れませんでしたがまた作って今度は炭酸を忘れずに調達してこようと思います。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

伝統が途絶えた・・・?

2007.09.12
去年の今頃も書いていますが、今年もまたまめおがとあるスポーツの大会に出ました。去年の話はコチラ。^^

結局去年書いてるような、このスポーツにおける反則技(実際には試合でこの技をやって、それで反則負けにはなりません。ですので、厳密に言えば反則技ではないのですが・・・。)はまめおが通う小学校ではこれまでも誰として決してやらない技で、そして正々堂々と真正面から相手に向かっていくというのが伝統になっていたらしいのです。
もちろん先生方も、この技を教えることはないし、子どもたちも自らやる子はいませんでした。

「でした」・・・この言葉にちゅうも~く!

さて、先日あった大会。去年も私は仕事で見ることができなかったのですが、今年も運悪く仕事が入ってしまいました。

で、帰ってきた主人やまめおたちの話を聞くだけになるのですが。

私「どうだった?」

まめお&主人「うちの小学校は優勝だよ!」

私「おお~、すごいね!で、個人戦は?」

主人「う~ん・・・まめおは、なかなか頑張ったんだけど、あと少しのところで負けちゃったな。2回個人戦出たんだけど、2回ともね・・・。」

私「まあ、残念だけど仕方ないね。」

主人「でも、やっぱりあの技をやってる○○小学校は、いかんなあ・・・。あれをやられるとちっともおもしろくない!」

私「へえ~、またあの学校、やったの?やあねえ・・・。もっと正々堂々と戦えっつうのよ。」

まめお「でもね!俺たちの伝統も今日で途絶えちゃったよ!△△君があの技をやっちゃったもん!あ~あ・・・みんな※※小学校の伝統がこれで途絶えた~~!って言ってるよ!」

どうもうちの学校の4年生の子(きっと初出場だったと思う)が、その反則技というか禁止技をついやっちゃったらしいのです。それで、これまで絶対にうちの学校ではその技を使わない!で、勝ち続ける・・・という伝統が続いていたらしいのです。
子どもたちは子どもたちなりに、そのことに誇りを持って常に挑んでいたようです。

なかなかの気構えで親ながら感心しました。
その「やっちゃった」△△君のお父さんは、確かPTA会長じゃなかったっけ??

私「ふふ・・・つい、やっちゃったんだろうけど。ならば、今日帰って今ごろはお父さんに絞られてるかもしれないね♪」

以前サッカーの試合の記事でも書いたことあったけど、教えてくださっている先生方の方針に感謝です。
礼儀・礼節を重んじるやり方で、子どもたちにも接してくださる先生でよかったなあって思いました。

テーマ : 小学生の子育て♪
ジャンル : 育児

“のみ”の心臓

2007.09.05
今日は小学校で、不審者対策の避難訓練があるらしい。
「避難訓練」といえば、私たちの頃は火事、もしくは地震くらいだったから、不審者侵入のためだなんて、世も末だと悲しくなりますが、今の学校の常識なんでしょうね。
万が一を考えたら、やっておくに越したことはないでしょう。
「地震・雷・火事・親父より不審者」・・・この世で怖いもの・・・。

数日前からまめぞうが、
「水曜日・・・何となくイヤだなあ・・・。(-_-;)」
とやけにブルーになっていました。
何度となくブツブツつぶやいているので(ところで、つぶやきシローって今何してるの?・・・失礼しました!)、
「なんでイヤなの?」と聞くと、この避難訓練が気が重いらしいです。

???の私でしたが、
「だって、変なおじさんが包丁とかピストルとかもって学校に来るんでしょ?怖いもん。」
だそうです。(-_-;)

「はあ~~?だって、偽者でしょう?まさか本物の不審者が来るわけじゃないんだし、いざと言うときのためにちゃんと訓練しておかないと、アンタ、逃げ遅れるよ。みんなと同じように行動しないとそれこそ怖い目に合うんだからね!もし・・・ホントにあったらイヤだけど、もし本当にあったときの為にやっておくのが訓練なんだから、ちゃんと教えてもらっておきな!」

と、ほとんど脅しのような感じで言い諭したんですが。
でも主人とお風呂に入ったときもまた、同じようなことを言ってたらしいです。(^_^;)

「誰が来るかわからないんだよ!!」ですって。

「ばかだな、お前は。○○君のお父さんが来るらしいぞ、って初めからわかってたら全然怖くないし、訓練にならんだろうが!駐在所のおまわりさんが来るかもしれんな・・・。 ̄~ ̄」
って言ってやったそうですが、
「いったい、誰に似たんだろうか??コレくらいのことを怖がりやがって・・・のみの心臓だな。」だそうです。

ハイ、それは私に似たんです。(^_^;)
私も小学校の低学年の頃、火事の避難訓練が怖くて、火災報知器がなったと同時にもう必死こいて、逃げるみんなの後を追い、もって逃げるランドセルにいろんなもの詰め込んで、先生に「こんなものまで詰め込む必要はありませんっ!!」って、なぜか怒られた記憶が・・・。><
苦い思い出って、死ぬまで覚えているものですね。(-_-;)
それが不審者対策、となったらその怖さは私が感じるものより数倍怖いんでしょう。

ま、気持ちはわかるけど、頑張りな~。^^

そういえば、幼稚園の頃、節分の鬼が来るっていう前日も「イヤだな~・・・行きたくないなあ・・・」って、すっごく怖がっていたのを思い出しました。
後から幼稚園の先生に聞いたら、すごい形相で逃げ回ってたらしいです。お友達みんなの後ろに回り込んで。
果たしてマメは投げられたんだろうか・・・?
こりゃ、死ぬまで怖がりですな、きっと・・・。


テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

『春のワルツ』ついに最終回(T_T)

2007.09.02
やはり書かずにはおれないこの話題。
とうとう昨日『春のワルツ』が終わってしまいましたね。あと2週にわたり総集編があると告知が出ていましたが、その先はもうないと思うと寂しさでいっぱいです。(T_T)

この『春のワルツ』、NHKでは番組編成の制約が厳しいのか知りませんが、『冬ソナ』の時もそうでしたが1時間(正確には約55分くらい??)におさめてしまわないといけないらしく、おかげで韓国で70分とかあったものを編集カットせざるを得なく、このドラマもその制約を受けてしまったようで、ユン・ソクホ監督自ら編集されたものが流れていました。
で、カットを余儀なくされてしまった中に、それはそれはお宝映像ともいえる(ファンにとっては(#^.^#))シーンがたくさんあるということがわかりました。

昨日の最終回もご多分に漏れず、それもかなり涙もののシーンがカットされています。
それは、指に傷を負い、ピアニストとしての生命を絶たれてしまったチェハのその後、そしてウニョンと結婚したあとの生活です!
ストーリーのファンもあれれ~~?と思うようなカット編集がありましたが、俳優自身のファンになったものにとってはとても残念なカットです。
なぜ、このシーンを削ってしまわれたのかユン監督~!ちょっとファンの心理がわかってないのではないですか~!?

どんなにNHKさんが絶対1時間内におさめて!と言おうが、これだけははずせないと、なぜ強硬に拒まなかったのか、不思議でなりません。
誰でもが疑問に思う、チェハ(スホ)のその後。
新居は手に入っても、どうやって生計をたてる気?
まさか漁村だから、漁師になる?麦畑があるから農業をやる?
まさかね!!

実はそのカットシーンでは(韓国版)、チェハは青山島の、以前自分も通ったことがある小学校の音楽教師になっていました!
ピアニストのような激しい練習はできなくても、子ども相手くらいのピアノ演奏(オルガンですね^^)なら可能です。
よかった!これなら、ウニョンも子どもも養っていけますね。^^

ハイ、コチラおなじみのYou Tube動画でお楽しみください。

かなり画像はひどいです。
どうもどこか東南アジアで放送されたものをアップしてあるようですが、韓国版動画にそのまま吹き替えをかぶせてあり、生声がきこえるし、音声がズレています。

でもご覧になってわかるように、かなり甘い新婚生活を送っていますね。カングが出てきますが、これはきっと遊びに来たのでしょう。
ラブラブで料理する二人を見て、「気持ち悪~い!」と悪態つきながらも、「おいしいよ」と言われさしだされたチゲ?を食べて、仕方なく「おいしいよ」と言っています。^^

こんなおいしい場面をなぜ!なぜ監督はカットしたの~~!?
それもこれも1時間枠を設けてしまったNHKに問題が?
せめて韓国版を放送して欲しいと思うのは私だけじゃないはず・・・。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。