スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迫真の演技

2007.07.22
先日放送された『春のワルツ』第14話では、手術後を確信させる目の充血とまだ頬の痛みもありながらそれをものともせず撮影に頑張ったドヨン君の迫真の演技が見られましたね。

この回はついに、パク・ウニョンがソ・ウニョンであるという事実をチェハ(スホ)が知ることになるわけですが、いろんな思いもあり、ドヨン君にとって忘れられない意味深いシーン、そして本人オススメのシーンでもあります。
手術前の演技に対する気持ちとは全く違う、何か極めたというか、高みに上ったというか、ドヨン君=スホとなった瞬間、自然に涙が溢れ出したらしいですが、見ているコチラも思わず涙・涙のシーンでした。

そこには、本人も言っているとおり、見かけのかっこよさなど全く意識の外にあるようです。(だって・・・ロケ地の青山島は海風がかなり強く吹くので、ドヨン君の髪の毛がすごいの・・・風にあおられてヘアメイクさんもどうしようもないほどの風のすさまじさ・・・ドヨン君の髪、1:9分けになっちまってるよ・・・(-_-;))

でもドヨン君にはそんなことはどうでもいいのです。スホの感情がそのまま出ていれば。はい!出てましたよ~。もう、こっちももらい泣きしてしまいましたよ。(TεT;)

撮影秘話・・・おなじみYOU TUBE動画で、見ることができますので、韓国語ですが英語字幕がついてます。(ちょっと厳しいかな・・・)
でも雰囲気でなんとなく言ってることわかるのでは?(^_^;)

ウニョン役のヒョジュちゃんは、まだ撮影の頃は未成年だけどなんとか運転免許が取れバイクも車も始めての運転だったらしいです。

ドヨン君とダニエルさんの例の痛々しい場面もあります。(T_T)

途中ダニエルさんとヒョジュちゃん、言葉が通じないもの同士、ワカメを教えてるようですが・・・???楽しそうです。^^

ユン・ソクホ監督は、必ずと言っていいほどご自分のドラマにひょっこり出演されているらしいのです。『冬ソナ』の時は、カン・ミヒと打ち合わせをする日本人スタッフの役どころ。
今回『春のワルツ』でも出演されています。フィリップとウニョンが二人で美術館で絵を鑑賞してるそばで、赤いセーターの男性が・・・。監督、ちゃっかり出ていますね。でも!日本版では自分でカットされています。^^;ま、仕方ないか。^^

撮影時に、ソン・スンホンやイ・ビョンホンが見に来てますね~。
おまけに日本人ファンも。

これから、当分スホ(チェハ)とウニョンにとって、つらい日々が続きます。スホのお父さんや、イナ、ガム売りの少年カング、チェハの父母・・・。彼らとの葛藤がドラマをどんどん盛り上げていきますよ。
次回をお楽しみに~。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

KIWI JAM

2007.07.20
『ひなたぼっこ』のmarukoさんが以前作られたキウイとグレープフルーツのジャムを、まねっこして作ってみたくて挑戦。

でもやはり私って、どこか抜けてますね。
グレープフルーツを買ったはよかったんだけど、なんとルビー種。
赤っぽい実の色はそのまま食べる分には綺麗だけど、キウイとまぜまぜしちゃったらいったいどんな色になるだろう!?と、ここは冒険をやめてキウイだけのジャムを結局作りました。
キウイジャム

あいかわらずまめぞうは食べようともしないのですが、まめおはキウイ大好きですので、朝パン食の時はほとんどつけて食べてくれていました。

まめぞう、いちごジャムなら食べるのですが、さすがにもういちごはないので生協でお徳用サイズのジャムを購入。
ほんっとに、好き嫌いが激しい・・・。
困った奴だ・・・。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

実は昨日は・・・

2007.07.17
昨日あのような大きなニュース、それも心痛ましい天災があったばかりで、書こうとした記事をひかえてました。

明けたところで、ちょっと書いても良いですか?(*´▽`*)

実は昨日は私の誕生日だったのです・・・。
でも公共施設に勤める私は午後から仕事だったのです。 (TεT;)
ま、それは仕方ないんですけどね・・・。

で、帰ってみるとドアを開けた瞬間、まめおが大きな花束を持って突然出迎えてくれました~~!(@^▽^@) ヤッタネ!
花束♪

一応バースディケーキは買っておくということを主人が言ってたんですが、3人でケーキ屋さんの次に花屋さんにまわって、3人でお金を出し合ったそうですよ。へっへっへ・・・ ( ̄ー ̄)

「お母ちゃんの好きなバラはあいにく入ってないけどさ。」という主人の言葉もなんのその、嬉しいものですよね。
バースデイケーキ♪

ケーキのろうそく、数えてもダメですよ~。
適当ですから。^^
本当に年の数だけろうそく立てたら、ケーキ埋まっちゃって食べられなくなっちゃう・・・。(-_-;)

どうしても電気消して火を吹き消す儀式はやりたいらしい・・・。
ま、付き合ってあげたけどね。^^

あいかわらずまめぞうは、「ああ、これでお母さんはとうとう30歳になったね。」と、年齢詐称に気づくことなく、去年から1歳足してくれました。すまん!まめぞう。
いいかげん、気づかないあなたがどんくさいんだからねっ!
横でまたまめおが「チッ・・・」ってな目で見てました・・・。ぷぷぷ

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

地震・・・

2007.07.17
昨日の新潟・長野の地震には本当に驚きましたね。
被災された現地の皆様の心中を思うと、大変心が痛みます。
前回の地震からまだ3年しか経ってなかったのですね。
もう5年くらいは経っているように感じてしまってました・・・。
それだけすっかり復興しつつあり、私たちの気持ちにも油断があったのかもしれないですね。

日本列島がいつ地震に見舞われてもおかしくない国ですので、気持ちを引き締めておかないといけませんね。

それにしても天変地異が多い今年。
石川でも3月地震があったし、先日の集中豪雨に台風、そして今回の地震・・・。
なにを神様は私たちに言わんとしているのでしょうか・・・。

被災地の一日も早い復興をお祈りしています・・・。

テーマ : 地震
ジャンル : 日記

絵本『ふしぎのたね』

2007.07.13
ふしぎのたね ふしぎのたね
ケビン・ヘンクス (2007/05)
福音館書店
この商品の詳細を見る


乾燥した大地が広がる中に、一軒の家。
父さんは遠くへ出稼ぎに行ったのでしょうか?母と子が見送っています。
母さんがふしぎのたねを植えましたが、日照り続きの土地からは全く芽が出てきません。
子どもはぼお~っとして、何かして遊びたいのに何も思いつきません。
うさぎの子は、カラカラの土地に流れる細い細い小川をわたって、アチコチ探検して迷子になりました。

そこへ雨が降り出し、小川の水が増え、大きな川になりました。うさぎは巣に帰ることができません。
子どもはやっと振り出した雨に大喜び。外に出てはしゃぎました。
ふしぎのたねはやっと芽を出し、ぐんぐん育ちました。
でもうさぎは、かあさんに会いたくてたまらないのに帰れません。

雲がきれて、空が晴れ渡りました。

子どもはいいことを思いつき、枝を集めて川に橋をつくりました。
たねは大きくなり、花が咲きました。
うさぎの子は、川にできた橋を渡り巣に帰ることができました。

花は満開、こうさぎは巣の中。
子どもは・・・はらぺこになりました。夕方になり、家に帰った子どもは母さんに花をプレゼント。
そして父さんが帰ってきました。父さんが子どもに買ってきたお土産は・・・なんと、橋の本でした。(@^▽^@)


場所は絵を見るとメキシコっぽいです。
カラカラに乾いた土地柄を思い起こさせます。
アニタ・ローベル・・・アーノルド・ローベルの奥さんですが、独特の画風ですね。
どこか、ゴッホやゴーギャンを思い浮かべてしまいます。
かなり色鮮やかな絵に圧倒されます。

全くつながりのないように思えるふしぎのたね、子ども、こうさぎがぐるっとまわって一つにつながったような印象の絵本。
訳が、熊本と縁のあられる伊藤比呂美さんというのがうれしいですね。(@^▽^@)

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ぴあの~♪

2007.07.07
今月21日公開の映画『ピアノの森』。
全く知らなかった存在ですが、とあるサイトから知ってしまいました。
漫画が原作のこの映画、ピアノと聞いてかなり興味津々です。
公式サイトはコチラ

そこでゲットしたブログパーツを貼り付けてみました。(^ー^)
音楽が流れていますので、よかったらスピーカーをONにしてみてくださいね♪

ショパンが出てくるということで、ついつい『春のワルツ』を思い出してしまいました。(結局は、そこへ行くんかい・・・(-_-;))

チェハとフィリップはオーストリア時代、腕を競った仲でしたが、周囲の音楽関係者の間では、二人のことをまるでショパンとルビンシュタインのようだと比喩されていたようです。(おそらくチェハがショパンでフィリップがルビンシュタイン・・・だと思う(・_・、))
そのことは第10話の中で、特別出演の作曲家イルマさんがウニョンに語ってくれています。^^

天才的な技能をもつショパンと違い、自由な弾きかたをするルビンシュタインは当時周りからはなかなか認めてもらえなかったらしい・・・みたいな話でした。
私はルビンシュタインなんてウニョンと同じで初めて聞いた名前でしたので、この話もさっぱりでしたが、この『ピアノの森』に出てくる海と周平という登場人物も、まるでショパンとルビンシュタイン、チェハとフィリップのようです。(詳しくは公式サイトを参照 ( ̄ー ̄)

音楽好きな子どもさんにオススメのファミリー映画です。
(う・・・かくいう私は、果たして見にいけるのか!?(・_・、))

テーマ : "夏休み おすすめファミリー映画"
ジャンル : 映画

ドラマ『春のワルツ』が・・・

2007.07.06
先週も宮沢元首相追悼番組が急遽差し替えられてドラマがお休みだったのに、また今週もウィンブルドンテニスの決勝戦中継とかでお休みですよ・・・。(T_T)

正味3週間もおあずけなんて、蛇の生殺しです~。(T_T)
ちょうど第12話できれちゃった状態・・・。
もしかして、これって韓国での放映も、ドヨン君頬骨陥没骨折で2回分休止になったのと妙に符合している。
運命のようなものを感じますね・・・。

事故後応急処置して、ダニエルさんと二人、ベンチで話すときのドヨン君のお顔は腫れ上がり、かわいそうだ。そしてダニエルさんも、苦痛の面持ちでセリフを言っている。これまた痛々しい。

そして来週予定の第13話では、ドヨン君の左目は手術後すぐで、充血しているのがすぐわかるし、裏話では撮影中ずっと目薬を差しながらだったらしいし、ほんのちょっとでも風が頬に当たるとかなり痛みがあったらしい。メイクさんもかなり神経使っていたそうだ。

そんな大変なことが裏であってることを思いながらドラマを見ると、また違った感じで物語に入れるかもしれない。

早く来週にならないかなあ・・・。

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。