FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いま、会いにゆきます」

2006.06.28
いま、会いにゆきます スタンダード・エディション いま、会いにゆきます スタンダード・エディション
竹内結子 (2005/06/24)
東宝
この商品の詳細を見る

この映画、公開時は見てなくて春先民放TVでやってたのは途中から見ました。
途中からだったけど、なんか・・・いいなあって思いました。
で、つい先日WOWOWであるのを知り、即録画しました。
そして改めて全編通して見ると、やはりすっごくよくて、つい涙が出てきちゃいました。

現実にはありえない、でもすがすがしくって気持ちのいいファンタジーでした。
死んだはずの妻が、突然目の前に現れて、それも記憶を全くなくしてしまってて。
でも主人公のパパ「たっくん」と息子の「佑司」にはママ「澪」が帰ってくるのはわかっていたの。
だって「澪」は亡くなる前に「佑司」に1冊の絵本を書き残していたから。
それは・・・死んだ人はみんな「アーカイブ星」という星に行くんだって・・・そして、次の年の雨の季節に一度だけ戻ってくるんだって。
でも、雨の季節が終わったらまた、「アーカイブ星」に帰らなくてはならないの・・・という内容の絵本。
「佑司」はきっとママが帰ってくると信じていたし、夏が来たらまたきっといなくなっちゃうことも。

この夫婦の物語は、高校時代の初恋から始まります。でもオクテでまじめ同士のふたりはお互いに気持ちを伝えられないまま卒業。
意を決して「澪」が「たっくん」に卒業記念の手帳にメッセージを書いてもらったことをきっかけに、数年後にやっとふたりは会うことに。

映画では高校生役の男の子が、大人の「たっくん」役の中村獅堂さんに雰囲気がよく似てて、うわあ!と思いました。
それに「佑司」役の子がすっごくかわいい!!
「ああ~・・・うちのまめぞうが、あんなに素直な子だったらなあ・・・」と溜息が出ます。
そして「澪」役の竹内結子さんがかわいくて美しい。
この映画が縁で竹内さんと獅堂さんが結ばれてとってもうれしいし、絶対に別れて欲しくない!

映画は全体にやさしい雰囲気がただよっています。
雨の季節が中心のお話なので、しとしと雨のしっとりとした感じが心地いい。
画像も森の中を歩く親子3人の姿が、背景の緑が目に美しくて忘れられないくらいです。
様々なエピソードを彩る素材の使い方もとても効いていて印象深い。
最後に「澪」は実際に「たっくん」と「佑司」のもとを離れてしまうのだけれど、つらいけど、切ないけど、でもすごく幸せな気持ちになる不思議な映画。

そこで原作をさっそく読んでみました。
いま、会いにゆきます いま、会いにゆきます
市川 拓司 (2003/03)
小学館
この商品の詳細を見る

すべて私が勝手に感じたままの感想を書きますと・・・。
普通原作を読んだあと映画を見ると、カットされていたり中身を変えられていたりと、原作となんか違うなあって幻滅してしまうことがありますが、私、映画を先に見てすっごくその世界に浸って感動してしまったので、逆に原作の方がなんだか現実っぽくて、エピソードなんかも少々違ってて・・・要するに映画の方がなんとなくしっくり来たわけです。
映画の方が、流れがすごく自然っていうか、見せる&魅せるのが上手だったんだなあって感じました。

「秋穂家」(3人の姓です・・・”あいお”さんちです)の家は、原作ではアパートの2階なんだけど、映画では平屋の一戸建て。
小さいお庭があって、あとで「澪」と「佑司」が種を埋めたひまわりが咲き乱れます。
「澪」が未来にタイムスリップ~ジャンプするきっかけとなった事故も、映画の方が自然かな。
「アーカイブ星」のお話も絵本だったし、未来に来た「澪」が真実を知るのも「澪」がずっと書いていた日記から。
でも原作では「たっくん」が書き溜めていた小説からだったしね・・・。
脇役の「佑司」の担任のYOUさんや、「たっくん」のかかりつけの医院の先生役・小日向文世さんも、原作には出てこないのにすごく優しいいい感じで映画の雰囲気を盛り上げてるんです。

あまりに映画に感動しちゃって、こんな感想になってしまって、原作を愛してらっしゃる方々には大変申し訳ないです。

とにかく、この雨の季節にす~っと気持ちが和むとてもステキな映画でした。
原作に出てくる犬のプーはすごく愛らしいです。「~?」という泣き声なんです。


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

夢バトン

2006.06.27
ろいろバトンってあるもんですね~♪
訪れるといつもパンの香ばしい香りがただよってきそうなmarukoさんからバトンを受け取りました。

Q1.小さい頃何になりたかった?
ずっと英語の先生か漫画家になりたいって思ってましたが、大学受験で先生の夢は挫折。漫画家も才能のなさを痛感して諦め、短大で取得した司書になりたかったけど採用枠がほとんどなく・・・。
夢破れて山河有り・・・違うか・・・。
     

Q2. Q1の夢は叶いましたか?
すでにQ1で答えていますが幸い引っ越してきたのと同時期、今住んでる町のち~っちゃい図書室に勤務できることになり、ただいま夢到達進行形。でもパートなんでいつでもクビになる可能性大。


Q3. 現在の夢は?
まずは、生きてるうちに絶対一度はオーロラを肉眼で見る!!
叶いそうもない夢を語っていいのなら、以前も書いたかもしれないけど、見知らぬ町に移って家庭文庫でもひらきたい。
また、老後は海外移住か!?
あ、そうそう・・・まめおorまめぞうのお嫁さんもあった。


Q4. 宝くじで3億円当たったらどうしますか?熱く語って下さい
はい!
1億円は近親者にばらまいて、残り1億円は老後の資金。あとの1  億円は誰も知らない場所に土地買って家建てて・・・とにかくしが  らみのないところへ行きたいです。

Q5. あなたにとって夢のような世界ってどんなものですか?
争い・差別・憎しみのない平和な世界。

Q6. 昨日見た夢は?
まったく覚えてない・・・。

Q7. この人に夢の話を聞きたい!!と思う5人
指名できませんが、どなたでも気に入った方、やってみませんか?
(ほんとに広がらないなあ・・・(ーー;))

テーマ : バトン
ジャンル : ブログ

絵本「ブタとタコのダンス」

2006.06.26
ブタとタコのダンス ブタとタコのダンス
長 新太 (2005/05)
学習研究社
この商品の詳細を見る

長新太さん独特のシュールでありえない世界があなたの固まった脳を刺激する1冊。(#^.^#)

ブタが海辺をお散歩中。
タコが出てきていきなり!!ブタの鼻の穴に突っ込んできます。
見るからに苦しそう・・・。
おまけにスミを吹きかけられて、ブタの顔はまっくろ。
今度はタコは、ブタの鼻をクルクル回し始めます!
ひいぃぃぃぃぃ!!!
もう顔が、はれ上がった鼻いっぱいになり、タコはというと太陽を浴びすぎてカタカタ・・・かたくなっちゃった!
もう・・・大笑いするしかない展開です。

それから固くなったタコと鼻がはれたブタは海の中に入っていって・・・。

ブーブー  タコタコ  ブータコタコ
ブータコ  ブータコ  タコブーブー

海の中でのダンスシーンです。

うっとおしい長雨を吹き飛ばすおもしろさです。

土曜日から大雨の九州。
土砂崩れや冠水被害も出ています。被害に合われた方には本当に大変なことだと思います。
梅雨らしいといえば梅雨らしいけど、なんでも多すぎるものは悪影響が大きいですね。
もっとしとしとの、適度な雨が欲しいです。
自然はこわいな。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

心穏やかに・・・

2006.06.23
阿蘇のつるばら


地域活動でちょっとイライラすることがあり、なかなか引っ越して新しい家に1年も住んでいると言うのに、いまだどこか落ち着かない日々を暮らしております。
おまけに実家の父母の通院の送り迎えで、私の仕事休みの日がほとんどつぶれているのでこのところちょっぴりストレスもたまり気味。

交流させていただいてるブログ仲間の方たちに触発されて、手作りのお菓子や布小物や消しゴムはんこにも挑戦したいところなんだけど、読みたい本もたまってるし、なんだか時間の配分もうまくいかない状態で何もできていないありさま。

地域活動の幹部を今年乗り切ったら、来年こそは少しは気持ちにゆとりがでるかな?と前向きにいきたいところ。

アパート時代、夢とあこがれをもってインテリアにも熱が入っていましたが、せっかくのマイホームだというのにあの頃の情熱が戻ってきませんが、来年から新たにもっときちんとインテリアに取り組んでいきたいな。

あの頃はいろいろ考えるのも楽しかったし、実際新しい家に引っ越したら使うつもりで、購入したインテリア小物もいくつかあります。

今インテリアの主流はナチュラルな感じのものが流行ってますね。
我が家も木をふんだんに使った家なので、まあナチュラルっていえばそうですが、あの頃はロマンチックな雰囲気にあこがれていたので、特に自由が丘にお店「トゥワイス」を営む王由由さんのインテリアに憧れ(私のHPのお気に入りのコーナーでも彼女の著作について書いております)、実際に東京へ行った時はお店にも寄ったりしていました。

5年位前に上京したときもお店に行って、当時はアパートのどこにもつけるところがないペンダント・ライトを購入。ず~っとそれから引っ越すまで押入れであたためていました。(コケッ・・コッコッ・・・)
おかげで今では我が家のダイニングに、穏やかな灯りをともしてくれています。
昼間のライト

灯りをつけると・・・

早く気持ちにもゆとりができればいいなあ。

テーマ : おすすめ*雑貨*インテリア*
ジャンル : 趣味・実用

絵本「ペーテルおじさん」

2006.06.19
ペーテルおじさん ペーテルおじさん
エルサ・ベスコフ、石井 登志子 他 (2002/04)
フェリシモ
この商品の詳細を見る

エルサ・ベスコフも大好きな絵本作家さんです。
北欧ののどかな風景と、ほのぼのとした登場人物や動物、小人たちのなんてことない日常のひとこまを描いたものが多いのですが、美しい色合いの絵柄とさりげない文章で、まったく嫌味がありません。

ペーテルおじさんは、まちで一番貧しいかもしれません。
ぼろいえに住んでいるし、お金も持っていません。
でもものしりで、何ヶ国語もしゃべれて、楽器も吹けるし、鳥のさえずりの真似もとても上手。
また、僕たちや動物のケガや病気の手当てもしてくれ、壊れたものを直すのも得意でした。

外国へもいっぱい行ってて、そのときの楽しい話を聞くのがぼくたちこどものあいだでは楽しみでした。
おじさんは木を削ってぼくたち子どもに、1人に一艘ずつ見事な船をつくってくれました。
だからいつもおじさんのまわりには、こどもたちが集まっていたのです。

そんなとても親切でやさしいペーテルおじさんにみんなはなんでもたのむけど、ありがとうというだけでお金をはらう、ということは全く考えていなかったので、ペーテルおじさんはいつまでたっても貧しいままで家もみすぼらしいものでした。

そんなペーテルおじさんに一大ピンチがやってきました・・・!

平和な暮らしの中のほんのちょっとした事件を、まちのみんなが力を合わせて解決します。
街には必ずひとりは、名物おじさんっていう人がいますよね。
そのおじさんがすごく親しみやすい人であるならばあるだけ、みんながなんだかしあわせな気持ちになり、しあわせはしあわせを呼ぶような気がします。
そういう平和な街ならば、犯罪もなくなるんじゃないかって気がしますが、今のすさんでしまった人の心では、そう簡単な問題ではないみたいですね。


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ばら園♪

2006.06.15
先日阿蘇のばら園に行ってきました。
はな阿蘇美

今回はそのときの激写したつたない写真ををアップしていくだけですので、しばらくおつきあいください。
もう時期もピークを過ぎているんですが、まだ大丈夫だろうと思い目の保養にね。
お目当てのイングリッシュローズ・ガーデンはやはり最盛期をすぎて、品種によっては花びらのふちが、茶色に変色しているものもたくさんありましたが、今期主に植えつけてある「セント・セシリア」と「キャサリン・モーリー」という品種はみごとな花を咲かせていました。セント・セシリア

キャサリン・モーリー

このばら園は西日本では最大級の規模を誇っています。
最初にイギリスから現地で活躍している有名なガーデナーを招いて、イングリッシュ・ローズについて多くの知識を学んだそうです。

ガラスドームにはモダンローズが主に栽培されています。
各国のプリンス・プリンセスたち(雅子妃や愛子妃、美智子妃、ダイアナ妃、エリザベス女王等)に贈られたバラや、ダ・ヴィンチなどの有名人の名前がつけられたバラなどがたくさん。

外の方は先ほどから触れているイングリッシュ・ローズがもう、むせかえるほどに咲き乱れています。
rose garden

この園の駐車場についたときから、ふわあっとバラの香りが風にのって鼻をくすぐります。

夕方近くに着いたけど、私は一株もみのがすまいと満遍なく観賞。
子どもたちは外にアスレチックのかわいいやつがあるんで、さっさと飽きちゃってそちらへ向かいました。
バラのトンネル

主人が撮ったバラのトンネル。ピーク時はもっと多くのバラで目を楽しませてくれます。
ところどころにベンチがあるので、そこでゆったりとバラを思う存分眺める至福のひと時。
この日はバラ祭り最終日だったのか、夕方でもあったので人もさほど多くなく、なんだか帰りたくなくなってきました。
キュー・ランブローズのアーチ

でもね、中にはうどん粉病に侵されてる株も発見。
どんなに細かい手入れをされてても、気候の悪影響には悩まされるのはどこも同じですね。
一株やられると、その近くに咲く他の株も病気が移り易いしね。
実は、ここ最近風が強い日が何日か続きました。
それから我が家のバラたちも、黒点病を患ってしまい、元気がないんです。
次のシーズンのために、枝を落とし、お礼肥をあげ、竹墨酢を噴霧しておきましたが、どうなんでしょうね。
農薬を使わないとだめなのかな?
ばらばら~

テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

児童書「きかんぼのちいちゃいいもうと その2 おとまり」

2006.06.13
おとまり―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その2〉 おとまり―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その2〉
渡辺 茂男、ドロシー・エドワーズ 他 (2006/04/13)
福音館書店
この商品の詳細を見る

今回は、いもうとが誕生する時のエピソードから始まります。
みんなから愛されるいもうと。
時にはすっごいいたずらをして、お母さんを怒らせみんなを呆れさせるけど、時にはおしゃまでまた、おりこうさんにもなります。

お隣さんや、離れて住むおじいちゃん・おばあちゃん、大おばさん(100歳なんです!)にも、ものすごくかわいがられ成長していく様子がとてもほのぼのしていて微笑ましいです。
その1の「ぐらぐらの歯」の時も書きましたが、周囲のみんなで愛情を持って子育てしているというのがヒシヒシと伝わってきます。
以前はこれが当たり前だったんですね~。
だから、子どもの本ではあるけれど、子育て中の親やそれを応援してくれるまわりのみんな、ま、結局大人がどんどん読んでみて欲しい本です。

ところで、いくつかの短いお話を1冊にまとめた形の本ですが、中に「かがり火の夜」という題名のお話が出てきます。
11月5日に盛大に行われるイベントで、いもうと以外の家族はとても見に行きたがってますが、いもうとはどうしても好きになれない様子。
離れて住むおばあちゃんも、うるさいのが嫌いだと言って、このふたりはおばあちゃんの家に残って、ふたりしてイギリス独特のクリスマス・プディングを焼く作業に取り掛かります。
気の合う同士でかわいいです♪
(これもまた、いもうとにとっては忘れられないイベントになったのですが・・・)

この11月5日の「かがり火の夜」という日が何なのか知らなかった私は気になって仕方ないので調べてみることに。
まあ、知らないはずです。
キリスト教国の人々にとってはかなり重要な日で、またの名を「ガイ・フォークス・デイ」というそうです。
ジェームズ1世の時、王のカトリック教徒弾圧に抵抗しようと、ガイ・フォークスを中心に国会に火薬を仕掛けようとして見つかり、当時としては最大級の刑を執行されたそうです。

それからその日に(11月5日)ガイ・フォークスに見立てた人形を持って行進したり、人形に火をつけたりするお祭り(!)として楽しんでいるそうですが、いまでは人形を使ったイベントは少なくなり、花火を打ち上げるイベントが主流とのこと。

でも立場や取りようによっては、ガイ・フォークスこそヒーローだということも言えるようで、男性のことを「ガイ(guy)」とよぶのはここから来ているらしいです。(つづりは違いますがね)

キリスト教にまつわる様々な記念日があるんですね~。
仏教が大多数を占める日本ですが、多信仰のためお釈迦様の誕生日(4月8日の花まつり)を盛大に祝うこともしませんし、正月や子どもの誕生は神社でお払いをし、村祭りは豊穣の神様に感謝し、死んだら仏様となる・・・外国人にとっては、不思議な国に映るのもわかる気がします。

テーマ : オススメ☆絵本&児童書
ジャンル : 育児

将来の夢?

2006.06.11
今朝まめぞうから突然の質問!

まめぞう「お母さんの将来の夢はなあに?何になりたい?」

もうこの時点で突飛な質問である。でも茶化してはいけないと、必死に考える。(考える私もちょっと変?)
う~ん・・・老後は誰も知らない土地に移りたいナ・・・海外とかも最近は多いらしいし・・・ニュージーランドとかカナダとか・・・。)
と、あーでもない、こーでもないと、そこ2~3秒の間に瞬時に考えをめぐらしてると・・・。

まめぞう「まめおのお嫁さん?」

と、これまたびっくりするような言葉が発せられ、もう笑うしかない。
そこへ・・・

まめお「・・・もう、おばあちゃんになってるよ。」(ニヤニヤ)

私「

主人「ハハハ・・・おい、まめお。お母さんが『うぉ~い、ご飯食べさせろ~』とか言い出すぞ。」(ニヤニヤ)

私「

私「ったく~~!!<`ヘ´>小さい頃はねえ、まめおは『お母さんと結婚したい』って言ってたんだよ~。」

まめお「だ・・・誰が!?ま、マジで?」

チッ!全く!!
昔はかわいいこと言ってくれてたのに。
それにしても、まめぞうだよ。
なんで私の将来の夢・・・へへへ、まだ夢多き乙女なんだわ!・・・
夢がまめおとの結婚なんてでてきたんだろう???
不思議少年・まめぞうの脳ははかり知れない。

テーマ : 子どものおもしろ語録。
ジャンル : 育児

ポン・デ・ケージョ♪

2006.06.10
marukoさんのブログを見てると、「私も何か作りたいな。」って思い立ち・・・つい最近生協で買ったポン・デ・ケージョ用のミックス粉で、そのまんま「ポン・デ・ケージョ」を作りました♪
ミックス粉♪


ぶきっちょな私でも、いとも簡単に作れる優れものです。
粉と卵とお水を混ぜて、丸めて焼くだけ~。
ポン・デ・ケージョ


もっちりもちもちとして、ほんのりチーズの味がしておいし~い!
あつあつを食べ、普段からミスター・○ーナツのポン・デ・○ングを好んで食べてるまめおは大喜び。
あっという間になくなったとさ♪

テーマ : 手づくりにチャレンジ!
ジャンル : グルメ

絵本「おやすみサム」

2006.06.08

メアリー=ルイーズ・ゲイ 作  江國香織 訳  (光村教育図書)

サムはその夜なかなか寝付けないでいます。
なぜって、大好きな犬のフレッドがいないんです。
いつもならいっしょにサムのベッドで寝るのに・・・。
フレッドがいなくちゃ眠れない。
姉のステラといっしょに、夜中にフレッドをさがしますが・・・。

眠いのに、寝たいのに眠れない。
サムはそりゃあ必死だけど、付き合わされるステラもかわいそうですね。
みなさんは寝るときに「これが必ずないと寝付けない」というものがありますか?
「ライナスの毛布」(漫画スヌーピーに出てくる男の子・・・いつなんどきも手放せないでいるのは、心に何か不安が隠れていると言われる象徴となっていますね)とまではいかないにしても、これがあると安心して眠れるもの。
友人の子どもも、ぼろぼろになったタオルケットをずっと寝るときは使ってます。
うちのまめぞうは、ベッドにぬいぐるみを置いてます。
私は、いつでもどこでも誰とでも眠れる、ただのねぼすけなんでそんなものは何にも要りません。(^_^;)

サムはそれが愛するペットのフレッドなんですね。
だから姉のステラまで起こして夜中の大捜索となるわけですが。
意外と灯台下暗し・・・なんですね♪
ページのあちこちにフレッドがふたりを見守ってますよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。