FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬のご挨拶

2005.12.31
ブログなんて私はやらない・・・と思っていました。
しかし、な~んか流行りものに結局弱い私なのよね。
もう今年も終わるこんなときまでいじってるし・・・。
なかなか毎日更新とかできなくって、みなさんがほぼ毎日更新してらっしゃるのを見るにつけ、頑張らなくちゃ!と励まされました。

今年のブログはなんだか普段の我が家を(おばかな家族ですが)さらけ出しちゃってお恥ずかしい限りでしたが、来年こそは、ま、またおんなじことの繰り返しだと思います。
進歩がなくてゴメンナサイ。

また絵本の紹介とかもっともっとやっていこうと思います。(心を入れ替えます。)

こんなつたない日記を読みに来てくださったたくさんの皆様、どうもありがとうございました。
また来年もふつつかな私のブログをよろしくお願いいたします。

みなさん、よいお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ : 今年を振り返りつつ来年の抱負とかその他もろもろ
ジャンル : 日記

大掃除・・・

2005.12.30
まだ新築と言える部類に入るであろう我が家。
目だって汚れとかわからないのをいいことに、あんまり熱が入らない今年の大掃除。
でも、これって日ごろこまめにやっておかないと、気がついたときにはかなり頑固な汚れになってることは、主婦歴11年の私としてはいい加減理解しているところ。
でもな~んか、身に入らない・・・。いかんねえ・・・。

こどもたちがこのところお気に入りのアニメ「ケロロ軍曹」のDVDを借りてきた。
そしたらまあ、狙ったわけじゃないのに中身がちょうどこの時期の話題がネタになっている。去年の今頃TVで放映されたものらしい。
クリスマスとか大掃除とか謹賀新年とか・・・。

大掃除の巻で、ケロロ軍曹が掃除のテクを登場してるみんなに指南している場面があって、なかなか的を射ているのよね。
ガラス窓は新聞紙で拭いた後乾いた布で拭きあげるとか、茶殻をまいて箒で掃いてしまうとか、はたきは上のほうからかけるとか、いらないものの処分は勇気をもってとか・・・。
おいおい、子どもより主婦に受ける内容じゃん・・・と思いながらいっしょに見てたわ。

子どもたちにも冬休みの間の課題にお手伝いというのがある。
まめおはお風呂掃除を筆頭にあげていたので、お休みになった時点でさっそく毎日やってもらっている。
見てるとなんというか・・・まあ・・・私よりも丁寧に掃除しているではないか!(^_^;)
すごくまめまめしい。
うれしい・・・。
これからお休みが明けても、ずっとやってもらおう。(^m^)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

クリスマスその後

2005.12.27
クリスマスはいつも食卓に並ばないような食事で、こどもたちのハートをゲット。ちょっとしたオードブルやワンプレートの食事にすると、普段と違う雰囲気に、食べる楽しさ倍増のようです。

私はというと、ちょっと頑張ってワインショップからスパークリングワインを買っておいたので、気取って乾杯で飲んだのはいいのですが、炭酸のものってアルコールがごまかされてしまうのでついつい、飲めないくせに勢いで飲みすぎちゃいます。
あ~あ、そのときも即酔っぱらいになってしまい、家族全員の白い目を浴びてしまいました。
私は酔うと笑い上戸になってすぐ寝てしまうので、その後のこどもたちのお世話を主人にお任せ。(笑)

気がついたときはもう、こどもたちは就寝してました~。
ケーキも他の3人で適当に食べちゃったみたいです。トホホ・・・。

でもね、サンタクロースの訪問を心待ちにしていたせいで、二人の子供たちは交互に目が覚め起きてきて、「もう朝?」とか「眠れない・・・」とか言って何気にツリーのそばを気にしてる様子。
こっちもあわてて背中を押してベッドへと連れて行くはめに。

もちろん、すずめさんのアドバイスもあり、サンタさんへのビールとケーキを置いておきました。
おまけに、ウィッシュリストに書かれたプレゼントが用意できなかったので、簡単な英語でさもサンタさんからの置手紙のように「ごめんなさい」のコメントを書いておきました。

とりあえずどうにか今年もサンタ疑惑を覆されないままおだやかにクリスマスは終わりました。
はやいものでもうすぐお正月。こどもたちにとっては楽しいイベント続きですが、親はなんだかくたびれてます・・・。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

「サンタクロースっているんでしょうか」

2005.12.24
「サンタクロースっているんでしょうか」

今日はいよいよクリスマスイブ。
こどもたちも待ちに待ったという感じでウキウキしています。
近頃サンタさんの存在に疑惑の目を向けつつある彼らに、この本に出てくるヴァージニアと”サン新聞”の記者とのやり取りで、サンタを信じる心に確信を持ってもらおうと思いましたが、あいにく図書室では貸し出し中。
その記事の内容とヴァージニアや記者本人にスポットを当てた本もありましたので、そちらを借りてきました。
「サンタの友だちバージニア」

ヴァージニアの孫であるところの女性がひ孫にあたるニコラスにサンタクロースの存在についてや、かつてひいおばあちゃんのヴァージニアが新聞社にたずねた質問や、その後のヴァージニアの生き方を語るという設定です。

特に”サン新聞”の記者が書いた社説の文章は、我が家のこどもたちにもしっかり読んであげました。
まめおはそれでもう納得したようです。
まめぞうは・・・よくわかりません。(いったい何を考えてるんだか・・・(^_^;))

そうしたら、画期的でかなり説得力のある(こどもにとってはね)サイトがありました。
「NORAD」というアメリカの機関で、ミサイル発射探知のために作られた機関が粋なことをやってくれてます。
もう50年も続けられてるなんて全く知りませんでした~。
サンタがイブの夜中から、出発したところをキャッチしてずっと追跡してくれるプログラムがあるんです。
それをリアルタイムでネットで世界中のひとたちに知らせてくれています。
もうシステムの準備はバッチリ、いつサンタが出発しても、今どこを駆け巡っているのかわかるようになってます。
今日の夜中までWAIT AND SEE!ですね。


テーマ : クリスマス
ジャンル : 育児

「まんげつのよるに」

2005.12.22



木村裕一 作 ・ あべ 弘士 絵 (講談社)
「あらしのよるに」のシリーズ第7、最終章です。
あのふぶきの日雪崩が起きて、ひとり生き残ったやぎのメイ。
ガブとの希望の土地だったみどりの森で、今でもずっとガブのことが忘れることができず、さみしく生きるひとりぼっちのメイ。
来る日も来る日も思い出の中だけで生き、しだいに弱っていくメイだった。
何度も雪の中から生きて現れるガブの夢をみるメイ。
春が来て森が華やいでも、メイの心の中だけは灰色のままだった。
もうあしたはまんげつだ。
このまま横たわっていれば、ガブのいる天国にいける。
そんな時、木の上のサルがうわさばなしをしていた。その話を聞いてメイは、自分の耳を疑った・・・・。

仲間を裏切ってまで最愛の友達と生きる道を選んだ2匹。
種族を超えて信頼しあう2匹。
そんな2匹がふぶきの日に会った災難で散り散りになってしまうという衝撃のラストから、おまたせ~の最終章。
やはり原点は「あらしのよるに」でした。このキーワードは決して忘れられません!

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

手に負えないこと

2005.12.21
少し前に地元の新聞に、どこかの公立図書館で行方不明になっている書籍が相当数あることで、関係者は頭を抱えている・・・というような記事が載り、そのことを受けて読者の投書欄に「哀しいことだ・・・」という意見が寄せられていた。

その行方不明の本というのは、返却期限が過ぎても戻ってこないという類のものは含まれていない、本当に忽然と消えたものだけでかなりの数あるということらしい。

その意見を投書した方も、自分の住む地域の図書館の司書に聞くと、多かれ少なかれ、やはりそういう事実があるという。もう一地域の問題じゃなく、どこの地域においても懸念される問題なのだ。

我が図書室はというと、幸い紛失した本というものはほとんどない。
しかしながら、今我が図書室を悩ませているのは、返却遅れの本の多さ。時々返却願いの連絡をとってはいるが、なしのつぶてだったり、電話で直接言っても「はいはい」と返事はすれども、その後もってきてくれなかったり。
へたすると、返さないまま引越しされていたりする。

そんなときは、???な気分である。
片付けるとき気づかないんだろうか?と。
気づいても「ま、いいや。もらっておこう。」と考えちゃうのか?
その倫理観がわからない。

よく利用されてる方でも、たまに「1冊だけまだ未返却の本が残ってるはずですけど、おうちには見当たらないですか?」と聞いてみる。
するといきなり、謝るじゃなしに「え!?こないだここに来たときは、そんなこと何にもおっしゃらなかったですよ!」と逆ギレされてしまって、こちらの方がなぜだか恐縮してしまう・・・。
違うだろ!!
公共のものを借りておいて、なぜ罪悪感が沸いてこないのだろう?という疑問がいつもつきまとう。

そういう人は少数派。もちろん。
だからよけいに目に付くのだ。
借りていかれるほとんどの人が、返却日を確認して気にしながら帰っていかれるし、1日でも遅れて持ってこられ「返すのが遅れちゃいました。すみませ~ん。」と謝られる。

そういう風に言われるとこちらも
「いいえ~。全然問題ないですよ。こうやって返しに来てくれるだけでむしろありがたいくらいに感じちゃいますよ。」と、言ってあげたくなる。

人間ってそうでしょ?
他人の良心にふれると、めちゃくちゃうれしくなるものだし、寛大になれる。
反対に、公徳心のかけらもない人と接すると、むなしくなってしまう。
そんな人たちはいつでもどこにでも、かならずや存在する。
そんな人たちをいちいち相手にもしてられないのだけど、みんなの税金を使って利用されている公共のものを、ぞんざいに扱われてることを知ったら放っておくこともできない・・・。
どうにかできないものでしょうか、ねえ・・・。

テーマ : ぼやき
ジャンル : 日記

Christmas!Christmas!

2005.12.19
いよいよ今週末にせまったクリスマス。
気分も少しずつ高まる中で、ちょっとでもクリスマスな幸せ気分を味わおうと、飾りつけもほんの少しですがやりました。
実は部屋をいろいろ飾るのって大好きなくせに、引っ越してからほとんど手付かずです。引越ししての、そこ2~3日でダンボール山積みの姿になるのがいやで、一気に片付けてしまったせいか、かなりお疲れモードだった私。
それが未だに引きずってて(もう何ヶ月経ってんのよ!)、まだ頑張ってディスプレイする気が起こらなかったのですが、さすがクリスマスはツリーも出さないとなると子どもたちがガッカリするでしょうから、この時期はと思ってね。

飾りとともに気分を盛り上げるのはやはりBGM。
もちろんテレビやラジオ、街の通りやお店などを歩いていても、クリスマスソングがかかってるとなんだかウキウキしてきます。
で、車の中でも家でもかけてるのが、独身時代に東京に遊びに行ったとき、品川駅のCDショップで店頭ワゴン販売をしていて買った安いクリスマスソング集のCD。
これがかなりのヒット!(自分の中だけでね)
ビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」はもちろん、ナット・キング・コールの「クリスマス・ソング」やフランク・シナトラの「レット・イット・スノウ」、エルヴィス・プレスリーの「サンタクロースがやってくる」など全24曲のポピュラークリスマスソングが入ってます。

でも、子供の頃からよく耳にしていて最もクリスマスだなあ、冬だなあとウキウキ度がアップするのは、ルロイ・アンダーソンの「そりすべり(Sleigh Ride)」というインストゥルメンタル曲。
よくデパートやどこかのBGMで使われることが多いので、ほとんどの人が聴いたことがあると思います。(聴いてみたら「ああ、これ知ってる!」と思うはず)
なぜかこの曲を聴くと、遠いアメリカの楽しそうな冬景色、ちょっぴり裕福な幸せそうなこどもたちの姿が目に浮かんでくるんですねえ。
(行ったこともないけど、雪におおわれたボストンの街並みで遊ぶ子供たちのイメージなのよねえ・・・)
不思議・・・。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

絵本のHP更新

2005.12.18
時期的に早いとこ、クリスマス絵本紹介の更新をしなきゃと思いながらなかなか手につかなかったんですが、ちょっぴり増やしました。(って、2冊だけかいっ!)

なんせ、このところ持病の鼻炎が悪化。
おかげで頭痛までしだしてPC触るのも少しご無沙汰でしたので。
最近の冷え込みがアレルギーを呼び起こし、ちょっとヒヤッとしただけでくしゃみが止まらず、鼻水垂れ小僧になってしまい、仕事もぼお~っとしながらやってます。
今のところミスは犯してないと思うけど・・・。(こわ~)
仕事でPCを嫌でも使わざるを得ないので、帰ってからは見るのも嫌・・・な日が2~3日続きました。
ま、これはブログもHPも更新できなかった言い訳といわれればそれまでですがね・・・。

もう少し頑張って更新したといえるシロモノにはしたいなと思ってます。(思ってるだけかも・・・)

テーマ : クリスマス絵本
ジャンル : 本・雑誌

こりゃ大変だ!

2005.12.14
今朝大ニュースを聞いた。
来年の公開予定でスタジオジブリが、ファンタジー児童書の「ゲド戦記」をアニメ化するという。

私はまだこの本を読んでいないのだ。
まわりのこの本をすでに読んだという人たちから、この本はいいよ~、おもしろいよ~とのお墨付き、いやおすすめの言葉を何度となく聞いていた。
今私は最近出たラルフ・イーザウ作「ファンタージェン~秘密の図書館」を読み、その根幹となるミヒャエル・エンデの「はてしない物語」を読み出したところ。

その他にも「エラゴン」や「バーティミアス」や「マーリン」などのシリーズものの児童書の最新刊が次々と目白押しなのだ。
それなのに、この「ゲド戦記」もこれまでに6巻も出ている。
全く~!ただでさえ読むのが遅い私なのに、来年夏までにゲドを読んでしまえるのかしら?
本当に大変だ~!ですわよ。


テーマ : ウワァァァァン!(ノД`)・。゜
ジャンル : 日記

憧れのホワイト・クリスマス

2005.12.12
この数日、こちら九州でもものすごく寒い日が続いている。
今日もちらほらと雪が舞うし、阿蘇の山々はどんよりと見えるのできっと積雪が見られるだろう。
だから今年こそは雪のクリスマスをちょっぴり期待しちゃうな。
雪には慣れてない南国人だから、少しでも積もったりしたら足を取られて歩くのが大変だけど、見るだけだったらそれはもう綺麗な風景がいい。

今日まめおとまめぞうの会話の中にホワイト・クリスマスの話題が出たようだ。何の話なのかはわからなかったけど、まめおがまめぞうに向かって、「ホワイト・クリスマスっておまえどういう意味だか知ってる?」と聞いていた。
まめぞうは当然「知らんよ!」と言っていた。
さてまめおはなんと教えてくれるのやら・・・と期待して待ってたら、
「そうだろうな。おまえは知らないだろうな。ま・・・俺も知らんけどね。」ときた。
カクッ・・・である。(^_^;)

それくらい知っておけよ!!
「あのねえ、クリスマスの日に雪が降り積もって、銀世界になるでしょ?その様子をホワイト・クリスマスって言うんだよ!」と教えてあげた。
「ああ~、そうなの。」と言うだけ。
全くもう、4年生にもなるんだからねえ。
もうちょっと・・・ねえ。

でも本当にホワイト・クリスマスになればいいね。

テーマ : あいたたた・・・。
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。