FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ『オクニョ』

2018.03.28
10年前まで生活の一部とも言えるくらいにはまっていた韓国ドラマ。
あまりにのめり込みすぎて、睡眠時間まで削ってしまうくらい。
録画したものを毎日見ては、ネットで情報を集め、子育て中ながら我を忘れていた。

それまで仕事が半日シフトでまわっていたのが、新しい職場となり終日勤務になったのを機に、それまでの暮らしを見直し、もうあまりドラマにはまらないように誓った。
もちろん、仕事がそれまでよりうんと忙しくなったり、仕事内容も濃くなったので、ドラマを見る時間があったら、仕事の勉強を優先したほうがいいということで、物理的にも精神的にも、生活の中で韓ドラの占める割合が格段に減った。

でもそんな中で唯一、見続けていたのがNHKBSプレミアムの日曜日夜9時枠の韓国歴史ドラマ。

現在やっているのがタイトルの「オクニョ」
というか、今度の日曜日が最終回。
1年間の、ここ最近では長丁場だったが、安定感抜群の話のはこびで、すごくおもしろかった。
毎回見終わると、すぐに次週が待ち遠しい。

その「オクニョ」が、すぐにNHK総合でまた始まるという。
やはり人気があったんだね^^
だから、あらすじはネタバレになってしまうので書かないが、出てくる俳優さんがまあ、イケメン!

オクニョ役のチン・セヨンさんは、ちょっと日本人っぽい顔立ち。
ユン・テウォン役のコ・スさん(この名字も名前も一文字というのが、なかなか慣れない・・・)は、日本の 溝端淳平 くんを一回り年配にした感じ。(よく似てるなあ・・・って最初思った)
王様役のソ・ハジュンさんは、世が世なら・・・オクニョの相手に一番いいのにと思った。今回一番心に残った俳優さん。
ソン・ジホン役のチェ・テジュンさんは、どことなくアイドル歌手っぽいと思ったが、やはりあまり韓国人ぽくない顔立ちですごいハンサム。
ユン・テウォンの父、ユン・ウォニョンがまあ、よくぞ似た感じでキャスティングしたなあと思った。

でも泣いても笑っても、あと1回。
最後はいい感じで終わってね^^
スポンサーサイト

心配の種

2018.02.21
数年前から、まめぞうが体調の不具合を訴えることが多くなった。
もともと体が小さいので、食が細かった方ではあるが、大きくなるにつれて人並みの食欲になったかと思うと、胃が不調になり食欲が落ちる。

高校生の時も原因不明の胃腸の不調で病院に行ったりした。
医者いわく、
「検査してもどこも悪いところはない。まだ若いし、精密検査をするほどではない」
とのことで、投薬だけだった。

知人に紹介され、整骨院に連れて行くと、筋力があまりないせいで、調子が悪いとのこと。
確かにインドア派の息子だから、なにもしないと筋力は低下していくだろう。
なるほどと思い、腹筋運動とかしっかりせーよ!と、尻をたたいた。

そして、大学生になって長い春休み。
本当に何もしないので、またまた胃腸の調子を悪くしたようだ。

小さく産んでしまった手前、責任をちょっとは感じて少しでも大きくなれとばかりに、めいっぱい食べさせようとしたが、体が小さければそうそう食べれるもんじゃない。

おまけに体育系ではないとくれば、筋力もなく、結局胃腸をこわすことを繰り返してしまう。

腹筋とか、続かないしね~・・・。(親に似て忍耐力もなし・・・)

ちょっとは運動したら?とか言ってはみるけど、本人全然やる気なし。

こういうことを繰り返しながら、ずっと暮らしていけば、あまり体にはよくないと思うんだけどね~・・・。

何かきっかけが欲しいと思う母であった。

親の欲目?

2018.01.25
長男まめおは、現在は他県の企業で仕事に従事し、頑張っています(と思う・・・)。
子供の頃も、理系の逸話を時折このブログでも紹介しましたが、その後の進路もやはり理系に進み今に至ります。
しかし、ここでその進路を披露したいのではなく、まあ・・・俗に言う親の欲目、いや親ばか?どっちなのかわからないけど、次男のまめぞうに向かって必死に訴えたことが数日前にありました。

事の経緯はこうです。
TVにて、去年の暮れに開催された「冬のコミケ」を取材した映像が流れました。
確かに、我が家のまめたちはインドア派を子供の頃から誇っており、親も公認済み。
仕方ないよね、の思いもありながら、その行き着くところを心配もしていました。
やはり思春期を迎えるとオタク化は徐々に芽吹きだし、マンガ・ゲーム・ネット・アニメを愛する男の子たちに・・・。

たまに目にしたり聞いたりしていたコミケ、それも都心部で開催されるコミケなどのイベントにも興味津々で、いつかは行ってみたいなどとつぶやいていたりもしました。

で、話は元に戻り、TVではコミケに参加している人々にインタビューを続けていましたが、ある一人の人物に映像が切り替わると、
まめぞうが思わず「奴に似てる!」とのたまう・・・。
私もいっしょに見ていたものですから、たしかに風貌がよく似たその人物に釘付け。

行ってみたいと言っていたコミケ、社会人となったまめおなら、いつ行ってもおかしくないけど・・・とは思いながら、TVを凝視すると、似てはいるけど、やはり違う人物。
コミケが開催された期日は、すでにお正月休みでまめおは我が家にいたのです。
当然といえば当然、別人、赤の他人。
「うん・・・似てるね」とつい口走りましたが、TVの人には悪いけど「いや!うちのまめおの方がかわいい!!ゼッタイ!!」と必死にかばう私でした。
まめぞうは意地悪く「でも、似てるた~い」とニヤニヤしているけれども、どう見ても、うん!まめおの方がかわいいもん!!と、まめぞう相手に、一度は似てると思った私は俄然反論するのでした。

TVの他人の空似のひと・・・親の欲目だから許してね。

『パディントン2』で愛しのヒュー様を観る

2018.01.22
話題の映画『パディントン2』を観ました。→公式HP
と言っても、平日の昼間は映画館はとっても空いていて、余裕で観られたのがやや寂しくもあり・・・。
なぜなら、大好きなヒュー・グラントがちゃっちい悪役(笑)で出演しているからです♪
でも子供向けの映画だけに、冬休み明けの今ごろなぜ公開なんだとちょっと不満でしたが、映画はヒュー様のぶっ飛んだ演技が観られて満足でした。

実は前作の『パディントン』は観ていないんですよね。
でも前作を見ていなくても全く問題なし!

予告がTVやネットで流れているので、かなりコメディタッチのお話になってるとはわかっていましたが、おもしろくもアットホームで、ホロリとさせるあたたかい(う・・・ホロリとはしなかったけど・・・)結末は王道のファミリー映画です。

そんな中で、注目①・・・監獄がスウィートなお部屋にイメチェン❤
監獄の中で一番恐れられているナックルズが、監獄の厨房を担当しており、まずくても誰も文句言えないのです。でも紳士なパデ
ィントンが美味しいマーマレードジャムの作り方を教えたために、ナックルズに一目置かれるようになります。
それからというもの、美味しいデザートの作り方を知っている囚人たちと手を組んで、監獄はスイーツ天国となり、内装まで甘くか
わいくなるのです。スウィートなデザインがすごく目を引きます。

注目②・・・移動遊園地が素敵♪
最初にヒュー様が登場する場所が、この移動遊園地。向こう(海外)ではけっこうあるみたいですよね。それがまたすごくアンティ
ークな雰囲気で、とても素敵なんです。いわゆるインスタ映えしそうな感じ。

注目③・・・ブラウン家があるロンドンの住宅街も可愛い^^
ロンドンのウィンザーガーデンの家並みがとても素敵で、センスがよい。ついでに、ブラウン家の壁紙もなかなかイカしてます。
 
注目④・・・本命・ヒュー様のコメディアンぶりがチャーミング♥
まだ若かりし頃の出演作は、二枚目役の王道をいってたヒュー・グラントですが、ハリウッドに進出するや、その芸風は作品を追
うごとに、密かに閉まっていた三枚目の一面をのぞかせ続け、今回はかなり振り切っていましたね。
落ち目の元人気俳優という肩書に、今じゃドッグフードのCMしか仕事がないという惨めっぷり。そのCMも、ここまでやるかというも
ので、思わずクスリと笑ってしまいました。でも確かに、どんなにハンサムでも寄る年波には逆らえず、あのヒュー様も「年取った
なあ・・・」としみじみ感じてしまいましたが・・・いえいえ、彼はまだまだやりますよ!
最後の最後、エンディングで魅せるミュージカル仕立ての踊り、歌は見事でした!
こういうの、やれるんじゃん!!って、未知数の顔を観られて良かったです。
しかしここまでやれるんなら、以前話が来たという「ハリーポッター 秘密の部屋」のロックハート先生役を断らなくても良か
ったんじゃないかなあって思いましたけど、当時はまだここまで吹っ切れていなかったのかな?

というわけで、ぜひともいろんな楽しみ方ができる「パディントン2」は必見ですよ。

帰還・・・

2018.01.16
前回の記事からかなり経っております。
ご無沙汰していましたが、やっと帰ってきました。
と言っても、仕事がどうなるかわからない状態で今、書き込んでいます。
業務で、通信(おたより)を担当していて、それを毎月発行しています。
中には、オススメの本の紹介をするコーナーがあり、毎月3冊と、他にも特集記事にちなんだ本を取り上げるため、とにかく読書に追われる毎日です。
それで、あまりSNSを利用できずにいました。
しかし何やら、上からの予備情報として、スタッフの削減もしくは入れ替えを検討中とのこと。
もしかしたら3月で仕事がなくなるかもしれないという状況におります。
来週くらいにはおそらくはっきりするかと・・・。

もしプータローになったら、ここにも頻繁に来れる時間が作れるのではと思いますが、なんか皮肉ですよね。
仕事はせいいっぱいやってるし、やりがいも感じてるけど上には逆らえない。
もし決まったら、悔いなく最後まで頑張るつもりです。

いざ!帰郷(3日目)

2015.09.22
いよいよ、久しぶりの東京遊びも最終日、とうとう帰らなければならない日・・・。

実は前日の夜、TVニュースで関東地区、中でも横浜で台風被害がかなり出ていると知りました。
そう、初日の雨続きの原因は台風の影響なのでした。
そこで、神奈川在住のお友達のことが心配になり、思わずメールで安否確認をしたのでした。
夜遅くだったのに、無事の返信をいただきました。
実際は、お住いは横浜ではなかったのですが、遠い九州の人間にとっては、地理的感覚があまりなく無知を晒したようなもので、それでもおかげさまで久しぶりに連絡を取ることができてよかったのかも・・・。
おまけに、空港まで見送りに来てくださるという。わざわざ神奈川から!@@
なんてうれしいことでしょう。
待ち合わせの時間まで、この日の散策予定地へと向かいました。

とっても行きたかった代官山蔦屋書店です!

代官山

へえ~・・・こういうふうな作りの建物なんだぁ・・・。
3棟連なる書店なんて、珍しいですよね。

ツタヤ2

とても綺麗で、中のディスプレイなどはとても参考になりました。(著作権等の関係で中は撮影できませんが)
本と同じテーマの雑貨や食材などをいっしょに置いて、お互いに購買欲を引き出すやり方は見習いたいです。
いや、図書館は売ったりはできないけど、何かしらヒントになるような気がします。
しかし・・・前の年に行った佐賀県武雄市立図書館(通称:ツタヤ図書館)は、あたりまえのことだけど、「あ~・・・ここを思いっきり参考にしたんだなあ・・・」って、改めて感じました。

ツタヤ4

ふふ、今日もかえるくん、頑張ってます^^

ツタヤ犬止

蔦屋書店敷地内の、犬をつなぎ留めておくためのフックが可愛いですね。
石に犬の形のフックが打ち込んであります。

児童書売り場も見ましたが、こちらはちょっぴり物足りなさを感じました。以上。

そして、クリスマス・カンパニーでツリーのオーナメントをちよびっとだけ購入。

クリスマス

毎日がクリスマス!いいねえ・・・。

代官山2

素敵な街並みですね~。落ち着いた雰囲気で、台風一過のいいお天気の中散策して、いい気分になりました。
ブランチしたかったけど、このカフェテラスはまだオープン前。ざんねん・・・。

少し歩いて行くと何やらまたまた素敵なお店が。
どうやらお茶できるようです。
『松之助』という、一見うどん屋、もしくは蕎麦屋か!?と思しき名前の、なんとニューヨークスタイルのパイのお店!!@@

おそらくアップルパイが売りなんだろうに、チェリーパイが目についてしまい、これを頼みました。
友人も、パイではなくパンケーキを頼むという、離れ業に出てしまいました><

でもと~っても美味しかったです。
それからショーケースを見るとスコーンも売ってるので、神奈川から駆けつけてくるお友達への手土産に買い求めました。

いよいよ帰る時間が近づいてきました。
一旦ホテルへ荷物を取りに帰り、羽田空港へ。
空港内で昼食を済ませ、友人は別行動に。

待ち合わせの場所でお友達・Pさんと、久しぶりの再会です。
なんと彼女は、私たちと落ち合うまでに忙しい中、お土産を調達にあちこち駆けまわってくれていたようでした。
それも、いっしょの友人の分まで!おまけに、た~~くさんの種類!!

この時ばかりは、かえって気を使わせてしまったかなぁ・・・と、メールをしてしまったことをちょっぴり後悔・・・。
でも、やはりその心遣いがすごく嬉しかったです。
本当にありがとうございました、Pさん!
また会いましょうね~~!\(^o^)/

というわけで、時間が来て、Pさんとお別れして搭乗口へと消えていくのでした。

ああ~・・・今回行きそびれた場所もあるし、またいつか近いうちに上京したいですぅ・・・。

楽しかったです、東京。

~~~~おしまい~~~~






いざ!ジブリ~2日め~

2015.08.29
朝、まだ昨夜のイタリア~ンが胃に厳しく残り、ホテルのベッドで悶々としていた私。
おまけに昨日からの雨が、まだ降り続いていたおかげで、出発時間は予定を大幅に遅れていました。

しかし天気予報では、午後から雨が上がるようなことを言っているので、友人と今日の行動をどうするか考えていました。

本来ならば朝8時にはホテルを出発してジブリ美術館へ行き、午前中はそこで楽しむ予定。
でも結局、雨が止み始めたお昼すぎにでかけましたので、半日を無駄にしちゃった。

でも、ジブリ美術館に着くと、そんなことも忘れて思う存分に楽しみました。ジブリ
係員に外観は撮影OKの許可をいただきました。

ジブリ2
レストラン部。

ジブリレストラン
テラスのメニュー。

ジブリ看板2
レストランのメニュー。

ジブリ看板
サインがいちいちカワイイ^^

この日は平日。それでも、すごく来館者が多かったです。
特に目立ったのは、アジア系の観光客。
ジブリ映画の大ファンなのでしょう、キャラTシャツを着た外国人男性とかいらっしゃったし。
売店はものすごい混雑です。時間で来館人数を制限するのはもっともな話と納得しました。

可愛かったのは、もうすでに成人の日本人女性なんですけど、『魔女の宅急便』のキキっぽいコスプレをした人が、ジジのレアもののキーホルダーを見つけて喜んでいらっしゃったこと。

去年のジブリ美術館の特別展示は、『くるみ割り人形』がテーマでした。
岩波少年文庫に宮崎監督特製のブックカバーをつけて販売されているところに、「これをつけてみんなに読んでもらおうという下心で売っている」と、本音コメントがついていましたが、その言葉通り、まんまとのせられて購入しました^^
また本です!・・・・でも、これは小さいからそれほどかさばらないけどね。

ラピュタ
彼は屋上で、みんなの記念撮影に応じてくれていましたよ。(もちろん私たちも!)

2014100620480000.jpg
専用バスのバス停もウキウキしますね。

次は昨日行けなかった上野方面へ向かったのですが、残念ながら周辺駅に着いたのが、各施設の閉館間近(T_T)
泣く泣く諦めました。やっぱ、ついてない・・・。

そうして渋谷・原宿方面へ。
ちょうど、ポップコーンブーム。夕方だったので、本来超人気で行列必至のククルザ・ポップコーンが、待つことなくすんなり入って買うことができ、この点はラッキーだったかな。

それから若い人たちに人気の北欧系雑貨屋、“FRYING TIGER”へ行った後、休憩に表参道ヒルズの“マックスブレナー・チョコレートバー”へ。
ハグマグ
手前が、独特の形の特製マグで飲むホットチョコレート、奥はチョコレートピザ♪
(どんだけ、チョコレート好き!?)

夕食は、昨日の件を学習して、駅ナカのパン屋でかるく惣菜パンを買って食べました(^^ゞ

行けなかった上野方面は、また次回のお楽しみに・・・ということで、この日も翌日の予定を組み直して就寝となりました^^;

いざ!東京(って、去年の話)~一日目~

2015.08.20
これから書く記録もまた、去年の秋のことです。
更新もままならないけど、やはり思い出は忘れないうちにと、やっと一念発起して・・・。

以前沖縄へいっしょに旅行に行った友人と、今回は東京へ。
ものすごく久しぶりの東京です。

なんせ距離がかなりあるので、朝早く家を出ても、結局ホテル到着は10時過ぎ。
まだチェックインはせず、一旦ロッカーにスーツケースを預けて予定してた街まで繰り出します。

この日は悲しいかな、雨模様。
いつか晴れると思いきや、ついにこの日は全く晴れてくれませんでした。
とにかく、ほんの一秒たりとも雨が止むことなく降り続くので、第1日目は散々な街歩きとなったのです。

東京駅の駅ナカショップで目をつけていたお店をちゃちゃっと回って、銀座へ行って・・・の予定が、地下街の「東京キャラクターストリート」でやたらと時間を取ってしまいました><;
ふたりとも、年甲斐もなくキャラクターものに目がないんです。(*´艸`*)
でも結局買ったのは、我が家の本棚にも鎮座している絵本『かえるくんとがまくん』の“かえるくん”のチェーンキーホルダーを買ったのみ。その後、写真撮影に大活躍することになるのです^^

東京駅
東京駅の丸天井・・・すてき(*´艸`*)

東京
さっそく登場、これがかえるくんです^^

駅の地下街では、目をつけていた古書店で武井武雄の絵本を見つけて、嬉しくてちゃちゃっと購入してしまいました。

この後、銀座で昼食です。
「APPARTE MENT 301」というカフェで、ランチをいただきました。
少し暗めな照明と、ヴィンテージっぽい雑貨がたくさんのインテリアで、すでに歩き疲れた体にやさしいソファがうれしいお店でした。

この後、銀ブラです~。
あいにくの雨にもへこたれず、改装中で仮店舗の「伊東屋」を各階くまなく見て回り、その後あこがれの教文館の「ナルニア国」へ。
ナルニア

児童書専門店ということで、もうもうもう!期待通りでしたっ!!
「ヨッケリなしをとっといで」がこれまで手に入らなかったので、ここで見つけた時は思わず手にとって離しませんでした(*´ェ`*)
誰も取ったりしないのにね~^^
あとハンス・フィッシャーのはじめて目にした絵本も購入。
初日からすでに手荷物が重いです・・・買ったもので・・・。
本ばかりですから。

本当はこの後、上野まで行って国際子ども図書館と国立西洋美術館へ行く予定でした。
・・・が!最初の東京駅の地下街で思わぬ時間を取ってしまったのと、雨の中を歩くのに、スピードが思うように進まないので、もう時間が押してしまっていることに気づき、ここで断念。
できれば、翌日に延期しようかということになりました。

そして友人が行きたかったという「ノイハウス」でホットチョコレートをいただきました。
チョコレートドリンク

・・・あ!!(@_@)
HP見たら、なんと7月末で閉店していました!!
あら・・・まあ・・・貴重な経験となったわけですね。

一旦ホテルに荷物を置いて、新橋の「俺のイタリアン」へ行きました~。
なんとか、予約なしで入れたのでラッキー(^_^)v
しかし、聞いてはいたが、聞きしに勝る狭さ!カウンターに立って食事をしましたが、後ろをやっと人が通れるか通れないかで、カウンター内の厨房も、すごく近くてビックリ@@;

お通しのチーズがまず多いし、サラダもピザもすごく多い。お腹いっぱいになりました~・・・。
(大きな声では言えないが、最近歳のせいか、胃袋も弱くなったみたいで・・・ちょっと胃がびっくりしすぎたみたいです・・・)
でも、めっちゃ美味しかったですよ。

で、お腹いっぱいの私たちは、ふらふらになりながらホテルへと帰り、次の日の予定の変更打ち合わせをして、初日を終えたのでした。
早くも疲れが・・・。
それでも、テンションは上がりっぱなしなので、翌日以降の天気が良くなるのを、そしてかなりキテいた胃袋の調子が元に戻るのを祈って眠りについたのでした。

to be continued ♪

プラネタリウムに美術鑑賞、おまけのピアノコンサート

2015.05.25
土曜日、博物館内にあるプラネタリウムを見に、家族で行ってきました。(いつでもどこでも家族全員でお出かけの我が家・・・(^^ゞ)

博物館は現在改装中とのことで、プラネタリウムのみ観覧できます。
プラネタリウムを見るのは、まめおが小さかった頃以来なので、ホント久しぶりです。

その時はまだ古いタイプのプログラムでしたが、職場の人に最近リニューアルされてすごくいい!と聞き、さっそく行ってみたわけです。
なるほど、投影機自体は以前のものと比べると、かなり小型化されているのに、ソフトはかなり上質のものになっていてビックリ。映像が、3DCGでかなりの臨場感がありました。

春の星座についてのレクチャーがありながら、6月いっぱいまでのプログラムは七夕をからめた物語でした。
戦時中離れ離れになる男女の悲しいおはなしに、ちょっぴりほろっとさせられてしまいました^^;

続いてすぐ近くの県立美術館本館へ、「印象派のふるさと~ノルマンディー展」を見に向かいました。(博物館も美術館も熊本城敷地内にあるんです)
折しも、時々行われるNHK美術館コンサート(無料ですよ、もちろん)の後半が美術館内の吹き抜けホールでちょうど始まったところに入場したようです。(前半はマリンバ演奏だったらしいです)
多くの観客でホールは超満員!
これはグッドタイミング!!ピアノコンサートが始まるもよう。
とりあえず、ドビュッシーの『月の光』を聴いてから、本来のノルマンディー展へ足を向けました。
しかし美術館はつながっているので、ピアノの音はしっかり館内に響きわたっています。
美術館賞をしながら、美しいピアノ曲を聴ける幸せ!

なるほど、ノルマンディー展だからフランスの印象派と言われるドビュッシーを選曲されるとは、なんて素敵な・・・。
『月の光』のあとは、『アラベスク第1番』・・・どちらもちょっと小雨まじりのこの日の天候にも、すごくマッチしてて気分良かったです。
他にもシューマンやラヴェルの曲も弾かれたようです。(プログラムの紙をいただきました^^)

美術館賞も久々のことだったのですが、やはりホンモノの絵は改めて圧倒されます。
時代の後半はキュービズムへ移行する過程の絵も見られ、このへんの絵は私には難しいものなんですが、会場を出てすぐの売店には、壁に複製画が飾ってあり、キュービズムの絵もなんとなく味わい深く思えて、ホンモノだからこそなのかなあと、現物を間近でみることの大事さを痛感しました。

充実した休日でした。まめたちも目の肥やしになったと思います。
(まめぞうはあまり感想を口にしないのでよくわからず・・・まめおはひたすら、「次は『館長庵野秀明 特撮博物館』(熊本市現代美術館にて開催中)を見たい!」とダダこねてました。・・・・・・・・ハイハイ、今度行こうね^^;)

追悼:ムムリクさん、安らかに・・・

2015.03.15
びっくりしてしまいました。
久しぶりに行ってみた、HP>に「旅立ち」の文字が・・・。
ムムリクさん、2ヶ月前に亡くなられていました。
闘病生活を余儀なくされていたことさえも、存じ上げませんでした。

思い起こせば、私が持っていたムムリクさんが絵を手がけられた、CD付き絵本「いい夢みてね!」のことを、このブログで紹介したところをご本人が探し当ててくださって、まさかのコメントをいただいたのがきっかけでした。
その後も、何度かコメント書き込んで下さり、まめたち兄弟のことも覚えててくださって。

彼らの成長をまたお知らせしようかな、とふと思い立ち、本当に久々にHPをのぞいたら・・・。

あまりに早すぎたのでは・・・。
もっと私も早く気づいていたら・・・。
本当に申し訳なく、残念でなりません。

最近、自分もそういう年齢だからなのか、周りの身近な人達が、“がん”を患うということが多いです。
その人達は、幸いな事に早期発見・早期治療のおかげで、大事に至っていません。
おまけに、みんなが治療をある程度終え、落ち着いたところで、私に告白してくれるのです。
やはり、そうそう他人に言うことでもないし、余計な心配をかけないという思いやりにも思えます。

告白の後、一瞬驚き、そして事の重大さに思わず涙し絶句。
そして、普通に会うことができて、「よかったね~・・・」と今を生きてることに共に喜びあい、そして今後も十分に気をつけるよう心配しあう。

できれば、ムムリクさんもせめて同じようにできたらよかったのに・・・。
でも、周りのご友人のみなさんが手厚いサポートをされていたもよう。
きっと幸せな気持ちで旅立たれたと信じたい。

いろいろな画風をお持ちだった、ムムリクさんの絵で、まあるいおつきさまのような安らかなお顔の絵が好きでした。

ムムリクさんのご冥福をお祈りいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。